smadan

「介護シェアリング」が変える働き方 時間ではなく業務内容で分担

労働環境の厳しさや人手不足など、暗い話題がピックアップされがちな介護業界。そんな中、介護職の仕事を「時間」ではなく「業務内容」で切り分ける「介護シェアリング」を推進している企業があります。リジョブ代表取締役社長・鈴木一平さんと、事業推進室の中井祐輔さんにお話を伺いました。

「介護シェアリング」が変える働き方 時間ではなく業務内容で分担
株式会社リジョブ 鈴木一平社長(左)

利用者の思いを叶える。本質的な介護を


――介護シェアリングとは一体どのような働き方なのでしょうか?

鈴木:従来の介護職は「早番」「日勤」「夜勤」のように、時間ごとのシフトで切り分けられていて、それぞれの時間を担当するスタッフが介護にまつわるすべての業務を担っていました。しかし介護職の業務内容は多岐に渡るので、ひとりひとりのスタッフがその全部をこなすことは高いハードルです。

たとえば40~60代のスタッフにはパソコンの入力が不得意という方が多いですし、入浴介助や重いものを持ち上げるような仕事は、体力面で不安のある方にとっては大きな負担でした。そこで、介護の仕事を時間で切り分けるのではなく、「送迎」「入浴介助」「レクリエーション」「清掃」など、業務内容を細かく切り分けて、それぞれを専門のスタッフにやっていただこうという業務形態が介護シェアリングです。

――実際にやってみて、どのような効果が出ていますか?

鈴木:採用活動においても、従来の介護職の場合は、有資格者であり、なおかつフルタイムで働ける方というのが募集の対象でした。ですが介護シェアリングの働き方であれば、「主婦の方が、調理補助専門のスタッフとして、子どもが幼稚園に行っているあいだに1~3時間だけ働く」「資格は持っていないが、清掃や見守り介助といった、資格を必要としない業務専門のスタッフとして働く」といった形で、これまで介護業界がアプローチしてこなかった人材にも働いていただけるようになりました。

――介護を仕事にしようと考えた時、これまでは介護にまつわる仕事を全部できるか否か、0か100かという選択肢しかなかった。その構図に変化をもたらしているわけですね。

鈴木:100のうち40だけ関わる、30だけ携わるという選択肢を作ったことで、「それなら自分にもできる。やってみたい」と思ってくれた方が現場に入ってくれるようになりました。これによって働き手の不足も改善していけたらと考えています。

――介護シェアリングによって、これまで時間で切り分けて働いていた、従来の介護スタッフの働き方はどのように変化するのでしょうか?

鈴木:もちろん介護の業務をすべて切り取ることができるわけではありません。従来のように時間で切り分けた働き方をするスタッフもそのまま残ります。けれど以前は全部ひとりで行っていた送迎や清掃、配膳などの業務を、それぞれ専門のスタッフが担うことで、従来のスタッフは雑多な業務に忙殺されることなく、利用者さまの思いを叶えるための時間を多く持てるようになりました。

介護職の根底には「その人がその人らしく生きることを支える」という価値観があります。介護シェアリングの導入によって、その価値観に基づいた、より本質的な介護ができるようになったという声が、すでに現場からも多く聞こえています。

「介護シェアリング」が変える働き方 時間ではなく業務内容で分担

あわせて読みたい

「「介護シェアリング」が変える働き方 時間ではなく業務内容で分担」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    介護職は重度な人達を預かる場合”相手が人ではなく人のかたちをした犬さんや猫さん”と思って接しなければ精神が蝕まれます。思いやりとか奉仕の心とか綺麗ごとですまされない現状は現場経験者なら知っています。

    7
この記事にコメントする

新着トピックス

\ みんなに教えてあげよう! /

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース