smadan

20代と30代の婚活は全然違う 年代で変えたほうがいい3つのスタンス

20代と30代の婚活は全然違う 年代で変えたほうがいい3つのスタンス

20代と30代で、恋愛も婚活の進め方も大きく変えたほうがうまくいく。実は多くの婚活男女が意識できていない事実です。
年齢と結婚率の関係はさまざまな機関がデータとして発表していますが、男女どちらも35歳を超えたあたりで、未婚者に対する初婚率が格段に下がることはいわれています。
本気で結婚したいと思うなら、自分の年齢や経験値、そして周りがどういう「先入観」を持って接しているのかを事前に理解し、婚活は進めていったほうがうまくいくのです。
今回は20代と30代の婚活、それぞれで意味が変わってくる婚活の3つのポイントをご紹介していきます。


婚活の「期限」の決め方


婚活を効率よく成功させるためには、一にも二にも期間と目的を決めて進むことが大切です。ダラダラと「彼女が欲しいな〜」と考え婚活をすると、あっという間に“婚活疲れ”になって続かなくなります。
ただし、そんな期限や目的も、年齢によって決め方は変えたほうが良いと思っています。

【20代】
あなたが20代なら、婚活の期限を「1年以内」など極端に短期集中にしてしまうと、真面目な反面、実はかえってマイナス印象になりかねません。なぜなら20代という社会人経験がまだそこまで長くない人が「婚活第一」とやっきになっていると、女性は逆に「仕事を頑張る前になぜ結婚をそんなにしたがるんだ?」と勘ぐってしまいかねないからです。
あなたは「結婚して支えを得てから仕事をもっと頑張りたい」と言うかもしれませんが、仕事ができるひとは、独り身でも結婚していてもできるものです。
結婚して家族という基盤を持つことも大事ですが、まずは一人前に仕事ができるようになり、その後結婚を考えても遅くありません。

【30代】
30代は逆に「彼女ほしいな〜」とぼんやり婚活をしてはいけません。むしろそれだと、永遠に婚活は終わりません!「いつまでに結婚を考えられる彼女が欲しいor結婚する」と明確に目標を打ち立て、婚活・マッチングサービスを利用しましょう。
また、「いい人がいたら結婚したい」というぼんやりした希望を同世代の女性に伝えると、「誠実じゃない」「将来を考えてない」という印象を抱かせます。30代女性の多くは“今結婚したい”と思って婚活をしていますから、極端にふんわりしていると、せっかくの魅力が半減して伝わってしまいます。

編集部おすすめ

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

スマダンニュースランキング

スマダンランキングをもっと見る
お買いものリンク