smadan

世界で組織化、巧妙化するカンニング 背後には「教育マフィア」の存在も

世界で組織化、巧妙化するカンニング 背後には「教育マフィア」の存在も

アメリカのミレニアル世代が「新しい情報をアップデートする」という意味で使う「Woke」をタイトルの一部に組み込んだ本コラムでは、ミレニアル世代に知ってもらいたいこと、議論してもらいたいことなどをテーマに選び、国内外の様々なニュースを紹介する。今週はインドで大きな社会問題となっている「カンニング」について取り上げたいと思う。

イタリア南部の採用試験で発生したカンニング騒動
事件の背後に犯罪組織がいたと伝えるメディアも


世界で組織化、巧妙化するカンニング 背後には「教育マフィア」の存在も
画像はイメージ

日本では大学受験のシーズンが終わりを迎えようとしている。希望の大学に進学することが決まった受験生もいれば、試験結果に悲しむ受験生もおり、この時期は日本各地で一喜一憂する受験生の姿を毎年目にする。「受験」は大学進学に限った話ではない。資格を取得する際や、新しい仕事、職場での昇進にも試験が用いられることがあり、大学受験を含めたこれらの試験の多くは世界中で現在も答案用紙が用いられ、行われている。

進学や就職といった、自身の目的を達成するために、試験でカンニング行為が行われるのは日本に限らず、世界的なものだ。珍しいケースから紹介すると、2016年5月にはイタリア南部のナポリで行われた刑務官採用試験で大規模な不正行為が発覚し、ローマの検察が背後関係について調査に乗り出す一幕まであった。調査がいつの間にかフェイドアウトしていくところにイタリアらしさを感じるが、400人を採用するために行われた刑務官試験に集まった受験者の数は8000人を超えていた。イタリアはヨーロッパの中でも若者の間における失業率が高いことで知られており、ネポティズモ(縁故主義)も社会の中に深く入り組んでいる。

無職のままでいるか、仕事を求めて国外に出るか。イタリア、とりわけ北部よりも経済的資源が乏しいとされる南部で、若者が仕事を見つけることは日本では想像できない難しさだ。話をナポリ近郊で行われた刑務官採用試験に戻すと、試験会場では同じ色とデザインをしたブレスレット、もしくはスマホのカバーを持つ受験生が多いことに試験監督らが気付き、どちらかを所持していた受験生の約9割がブレスレットかスマホカバーの裏にテストの解答を忍び込ませていたのだ。

地元メディアはナポリを拠点とするマフィア組織「カモッラ」の犯行の可能性が高いと報じ、ナポリのあるカンパニア州だけで数千人の構成員が収容されている各刑務所に、マフィアの息のかかった人間を配置させる目的で、地元の若者にカンニング・グッズを持たせて受験させたのではと見られている。カモッラの試験への介入は、イタリア国内のSNSでも話題となった。メディアが事件について取り上げる前に、刑務官採用試験の全解答を25000ユーロ(約300万円)で買わないかと持ち掛けられた受験生が何人も名乗り出たのだ。結局、集団カンニング事件の真相は分からずじまいとなったが、インドの受験熱の凄まじさをカモッラが理解していたら、英語やヒンディー語などをマスターして、インドでカンニングの「新規事業」にトライしていたかもしれない。

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年2月16日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。