smadan

“アルコール依存症”と“酒好き”の境界線は 「酔うと化け物になる父がつらい」作者が語る

元TOKIO・山口達也の女子高生に対する強制わいせつ問題によって、ニュース番組などで“アルコール依存症”という言葉を聞く機会も増えた。しかし、多くの人々が「恐ろしいものらしい」という漠然とした認識を持っているに過ぎないのではないだろうか。アルコール依存症はどれだけ恐ろしい病気なのか――。アルコール依存症の父親に振り回される家族を描いた実録漫画『酔うと化け物になる父がつらい』の作者である菊池真理子さんに聞いた。
“アルコール依存症”と“酒好き”の境界線は 「酔うと化け物になる父がつらい」作者が語る
(c)菊池真理子(秋田書店)2017

<菊池真理子>
実録漫画『酔うと化け物になる父がつらい』が、さまざまなメディアで取り上げられて反響を呼ぶ。現在は、その後を描いた『生きやすい』を月刊漫画誌『Eleganceイブ』(秋田書店)にて連載中。

父親は単なる“お酒に弱い人”だと思っていた


「お酒を止められず、体を壊してしまうから危険」というふうに、アルコール依存症を個人で完結する病気として捉えている人も多いかもしれない。そんな人が『酔うと~』を読めば、衝撃を受けるはずだ。作中で“父親”は、飲酒運転で車を燃やしかけるなど酒絡みでさまざまなトラブルを巻き起こし、そのたびに家族が尻ぬぐいに奔走する。そんな生活に疲れたのか、新興宗教にはまっていた母親は自殺。菊池さん自身も心に歪みが生じてしまい、父親によって崩壊していく家族が描かれている。菊池さんは、アルコール依存症について、「家族がいたり、会社に通っていたら、絶対周りにしわよせがいく。周りも巻き込んでいく病気なんです」と語る。

“アルコール依存症”と“酒好き”の境界線は 「酔うと化け物になる父がつらい」作者が語る
(c)菊池真理子(秋田書店)2017


しかし、驚いたことに菊池さんは、ごく最近まで亡くなった父親を単なる“お酒に弱い人”として捉えていたそう。父親はアルコール依存症だったのではないかと気づいたのは、たまたまアルコール専門外来に取材する機会があったから。「自分とは無縁の世界をのぞきにいく」という意識でしかなかったが、医師の「お酒のせいで人間関係が壊れたことがあるなら治療の対象」という言葉にハッとさせられた。それまで菊池さんは、アルコール依存症をどのようなものとして想像していたのだろうか?

「連続飲酒のイメージですね。朝から飲むとか、お酒のせいで仕事に行けないとか、手が震えるとか、そういう典型的なもの以外はアルコール依存症じゃないと思っていました。うちの父親は飲むのは週末だけで、平日はまったく飲まなかったんです。それに経営者として会社にも普通に行っていたので、アルコール依存症だとはまったく考えていませんでした」

“アルコール依存症”と“酒好き”の境界線は 「酔うと化け物になる父がつらい」作者が語る
(c)菊池真理子(秋田書店)2017


アルコール専門外来で、“病的酩酊”という言葉を知ったのも衝撃だったそう。

「“酔って記憶をなくす”とよく言いますが、その状態が“病的”と表現されています。それを言ったらうちの父親は毎週飲めば必ず病的酩酊。酔っ払いならよくあることだと思われていることも、実は病的な状態だったりするというのは発見でした」

“アルコール依存症”と“酒好き”の境界線は 「酔うと化け物になる父がつらい」作者が語る
(c)菊池真理子(秋田書店)2017

「どうぞ、もう1杯」と勧めた側の責任とは


『酔うと化け物に~』でショッキングな描写のひとつが、父親を取り巻く飲み友達の“寛容さ”だ。父親に飲ませないでほしいと必死に訴える菊池さんに対しても、彼らは「水割りを薄くしておくから」とどこ吹く風。逆に菊池さんは「怖くて冷たい娘」扱いされてしまうのだ。

しかし、このシーンを見て、「この飲み友達と自分は変わらないのではないだろうか?」と不安になった人も多いのではないだろうか。“アルハラ”という言葉が周知されて、飲みたくない人間に無理やり酒を勧めることは良くないと知っている。しかし、飲み相手が酒好きでも、酔って家に帰ってから家族を傷つけている可能性はある。そんなとき、「どうぞ、もう1杯」と勧めた自分も加害に加担したと言えるのかもしれない。実は、この不安には菊池さん自身も心当たりがある。

“アルコール依存症”と“酒好き”の境界線は 「酔うと化け物になる父がつらい」作者が語る
(c)菊池真理子(秋田書店)2017


「私自身、いつも楽しそうに飲む人には飲ませてしまっていました。その子が家に帰って酔っぱらって寝転がっているのを両親が担いで布団に運んでくれた……という話を聞いて、そのときは『また酔っちゃったんだね』と笑っていたんですけど、後から『その子のお父さんとお母さんはすごく嫌だったろうな』と考えました。私だって、父親の仲間のおじさんたちと変わらないんですよ。だから彼らをものすごく責めるつもりはないというか、気づくのが難しい病気なんだと思います」

あわせて読みたい

スマダンの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スマダンニュースアクセスランキング

スマダンランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2018年5月30日のスマダン記事

キーワード一覧

スマダンとは?

ミレニアル世代の男性がスマートに生きるための情報を発信します。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。