HYDE 「俺には何もできないけど…」 Zepp Tokyoに響き渡った“祈り”の歌声/レポート

HYDE 「俺には何もできないけど…」 Zepp Tokyoに響き渡った“祈り”の歌声/レポート
撮影/今元秀明
※すべての画像を見る<計10点>※

■【HYDE LIVE 2018】レポート
2018.09.07(FRI) at Zepp Tokyo

2017年12月にVAMPSの活動休止を発表し、HYDE名義でのソロ活動を再開したHYDE。6月からスタートしたツアー『HYDE LIVE 2018』の追加公演として東京・名古屋・福岡の3か所14公演を開催。アメリカのシネマティック・ロック・バンドSTARSETをサポートアクトに迎えてのZepp Tokyo公演、9月7日(金)の模様をお伝えする。

隕石が落下したかのような轟音が響き、色鮮やかに宇宙空間を映し出したLEDスクリーンを背に、STARSETのステージが開幕。ダスティン・ベイツ(Vo&Key)はパワフルで情感豊かな歌声を響かせ、ロン・ディシャント(Ba)、ブロック・リチャーズ(Gt)、アダム・ギルバート(Dr)は宇宙服に身を包み、時にヘッドバンギングを交えて激しくパフォーマンス。ヴァイオリン、チェロの女性サポートメンバーを加えた6人体制で、エレクトロ・ロックにクラシカルな要素を盛り込みながら、五感に訴えかけるドラマティックなステージを繰り広げた。

一際歓声が大きくなったのは、HYDEが合流した「MONSTER」(STARSETの2ndアルバム『VESSELS』の配信Japanese Versionのみにfeat.HYDEヴァージョンを追加収録)。2人の声はタイプが異なるものの相性が実に良く、終盤は台に足を乗せ互いに向き合って声を合わせ、これ以上ないほどに観客を沸かせた。STARSETのアクトはHYDEファンにも温かく受け入れられており、会場は終始熱かった。宇宙服というヴィジュアル・コンセプトの特異性、激しさの中にもピュアさ、情緒を湛えた劇的な音楽、そして美しくスペイシーな映像演出によって、地球外の星へと誘われたような夢見心地を味わわせてくれるステージだった。...続きを読む

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2018年9月21日の音楽記事
「HYDE 「俺には何もできないけど…」 Zepp Tokyoに響き渡った“祈り”の歌声/レポート」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    HYDE愛に溢れたレビューだったが、読み応えあった。

    7
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース