GACKT主宰の“楽”園祭エンターテインメント 「本気で遊び、本気で学ぶ」 不変のモットー/レポート

GACKT主宰の“楽”園祭エンターテインメント 「本気で遊び、本気で学ぶ」 不変のモットー/レポート

■神威♂楽園deオタチナ祭
2018.10.25(THU) at 東京・豊洲PIT
(※画像6点)

GACKT主宰の『神威♂楽園deオタチナ祭』のファイナル公演が10月25日(木)、東京・豊洲PITで行われた。第94期となる今年は、愛知・福岡・大阪・東京を巡り計8公演を開催。GACKTに憧れている“性”徒会長・神威楽斗が束ねるセレブな学園という設定で、F9と呼ばれる先輩たちと、音楽ありダンスありゲームありで繰り広げる破廉恥な楽園祭エンターテインメント。観客も制服着用のドレスコードが設けられ、“性”徒として参加。4時間にわたる祭の模様を独占レポートする。

会場に足を踏み入れると、ロビーには会長及び性徒会役員を務めるF9諸先輩方のパネルが設置。性徒たちは写真撮影に湧いていた。講堂に見立てたステージでまず入学式を執り行う。「第94回、新入生の皆さん、ご入学おめでたきー!」との呼び掛けに、「ありがたきー!」と声を揃える性徒たち。こういった楽園特有の言葉遣いも用い、隅々までショーの世界観を徹底していく。

校歌斉唱、校長のご挨拶の後、理事長のご子息としてついに会長・神威楽斗が登場。大歓声に包まれながらフロアの後方から入場し、GACKTの「君が追いかけた夢」に乗せて悠々とステージへと向かった。登壇すると左手を台に付き胸を張ってたっぷりに間を取った後、新入生へ向けて「ごきげんよう!」と挨拶。「心と体をアツアツのチンチンにしたい」「由緒正しい破廉恥な伝統」「モットーは、本気で遊び、本気で学ぶ。命を懸けてすべての物事に取り組む。本気でなければ真の喜びを手に入れられない」などなど、さすが「GACKTに憧れている」だけあって、信条が一致している。

「“オタチナ祭”の開会を宣言します!」という発声に続き、ミス・ミスター神威楽園の発表へ。事前に募集した写真を元にした審査で選ばれた性徒たちが登壇。ミス・ミスター・ヘルボー部も併せて発表され、会長にたすきをかけてもらう儀式を執り行った。

印象的だったのは、ミスター神威楽園に選ばれたちびっこ・ゆうとくんとのやり取り。しゃがんでたすきを掛ける会長に、何やらおもちゃを手渡したゆうとくん。それをまた無言で返す会長……という微笑ましい場面に爆笑が起きていた。
GACKT主宰の“楽”園祭エンターテインメント 「本気で遊び、本気で学ぶ」 不変のモットー/レポート

続いて、F9メンバーの紹介。YOU先輩、TAKUMI先輩、Sato先輩、ばる先輩、隼人先輩、天然先輩、ユースケ先輩、ラッサン先輩、マドカ先輩がずらりと並んで登壇。ブロマイド売り上げ競争が導入され、優勝メンバーへの金一封と、それを予想した性徒との写真撮影が終演後に行われるという。各分校でしのぎを削ってきた先輩たちだが、ラストを飾るこの豊洲分校では隼人先輩が360枚で優勝。1人で240枚も購入した熱心なファンの存在が決め手になったようだった。F9メンバーがネクタイをはずし、音楽がスタートすると、華やかにダンスパフォーマンス。いよいよショーの本格スタートである。

しんのす先輩がBOXに届いた質問に答えていくコーナーを経て、ジャージに着替えたF9が再登場。今年はGACKTが20年前にリリースした2ndシングル「Vanilla」をテーマに、トークやゲームを展開していく。そこでスクリーンに映し出されたのは、20年前のTAKUMI先輩の雑誌インタビュー記事。ギター愛を熱く語っていた記事をメンバーにいじられていると、再び会長が登壇。「チャンバラゼロ」という、平均台の上で戦って落ちたら負け、という対戦コーナーがスタートした。

あわせて読みたい

  • 己の道を突き進むGACKTの熱いメッセージ『罪の継承~ORIGINAL SIN~』/インタビュー1

    己の道を突き進むGACKTの熱いメッセージ『罪の継承~ORIGINAL SIN~』/インタビュー1

  • GACKT 新曲は病で死にゆく恋人を守りたい、と悲痛な決意を歌うラブソング/インタビュー1

    GACKT 新曲は病で死にゆく恋人を守りたい、と悲痛な決意を歌うラブソング/インタビュー1

  • GACKT アルバム『LAST MOON』を最期の“VISUALIVE”ツアーで表演/インタビュー1

    GACKT アルバム『LAST MOON』を最期の“VISUALIVE”ツアーで表演/インタビュー1

  • GACKT 「オマエが時代を動かせ!」と喝! 新曲「ARROW」誕生秘話/インタビュー

    GACKT 「オマエが時代を動かせ!」と喝! 新曲「ARROW」誕生秘話/インタビュー

  • エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2018年11月6日の音楽記事
    「GACKT主宰の“楽”園祭エンターテインメント 「本気で遊び、本気で学ぶ」 不変のモットー/レポート」の みんなの反応 1
    • 大根炊いたん 通報

      他の会場の様子がわかる貴重な記事をありがとうございました。ちなみにXコピーのボーカルはTOSHIさん公認のSATOSHI先輩です。

      0
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    音楽ニュースアクセスランキング

    音楽ランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    芸能の人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトミュージックとは?

    話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

    その他のオリジナルニュース