加藤和樹が案内する台北の魅力 「ぜひ足を運んで、台北の“旅温度”を感じて」<前編>

加藤和樹が案内する台北の魅力 「ぜひ足を運んで、台北の“旅温度”を感じて」<前編>

歌手や俳優、そして声優など、多方面で活躍する加藤和樹。この度、加藤が台湾・台北市の観光大使に就任(https://www.excite.co.jp/news/article/E1537355182426/)。PR活動の一環として、台北に渡り撮影を行った。今回撮影した写真はファミリーマートの「ファミマプリント」で販売、店内のマルチコピー機でプリントし購入ができる。近くて気軽に行ける台湾。その中心の台北は、歴史とアートに彩られた魅力的な都市だった。

空港から台北の中心部までは車で10数分の便利さ


台北に渡る前日、『Kazuki Kato Live “GIG” TOUR 2018-Ultra Worker-』のファイナル公演を行った加藤。ツアーに並行してミュージカル『タイタニック』の主演を務めた彼は、ツアー終了後もさっそく次の舞台の稽古が入っており、まさしくその合間を縫っての強行スケジュールとなった。だが本人は、約10年ぶりの台湾ということもあり、この日を心待ちにしていたそう。羽田空港に現れた加藤は前日までの疲れを感じさせない表情で、台北での撮影と、現地の方と触れ合うのがとても楽しみだと話してくれた。

台北・松山国際空港から台北の中心街までは5km程度、車で10~15分で到着と、近くてとても便利だ。空港には地下鉄MRTも乗り入れており、中心街までは乗り換えなしで行ける。また、台湾はタクシー料金が安く、空港から中心街まで700円程度。そんな交通の便の良さも台北の魅力と言えるだろう。
加藤和樹が案内する台北の魅力 「ぜひ足を運んで、台北の“旅温度”を感じて」<前編>

ロマンチックな景色のリバーサイド大稻土呈碼頭(ダーダオチェンマートウ)


淡水河畔の5番水門にある「大稻(土呈)埠頭」(※編注:(土呈)は正しくは一文字)は絶好の夕日鑑賞スポット。祝日には花火の打ち上げも行われる。

太陽の光を受けてキラキラと輝く水面、広い空には飛行機の姿も。そんな“映え”スポットには、ドレスとタキシードを着て撮影を行うカップルの姿が。台湾ではウェディング・フォトが流行っており、暑い夏を過ぎた今の時期に撮影が多く行われるそう。それでもこの日は24℃もあり、半袖でも、動くと汗がにじむほどだった。

我々もここで撮影開始。加藤和樹をデビュー時から撮り続けているカメラマンの源賀津己氏が今回帯同し、撮影を行う。ここで撮影した写真もファミマプリントで販売しているので、ぜひチェックしてほしい。

遊歩道に立ち並ぶ壁一面には見事なグラフィティが描かれており、ここも抜群の撮影ポイント!(トップ画像はそこで撮影) 夕日を眺めるのにも絶好の場所だろう。

●大稻土呈埠頭
台北市大稲堤
+886-2-2720-8889

加藤和樹が案内する台北の魅力 「ぜひ足を運んで、台北の“旅温度”を感じて」<前編>

あわせて読みたい

気になるキーワード

エキサイトミュージックの記事をもっと見る 2018年12月6日の音楽記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「小野賢章」のニュース

次に読みたい関連記事「小野賢章」のニュースをもっと見る

新着トピックス

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース