SILENT SIREN、突如渋谷でシークレットライブ 「今までとは違うサイサイ」

SILENT SIREN、突如渋谷でシークレットライブ 「今までとは違うサイサイ」
撮影/上飯坂一

SILENT SIREN(以下、サイサイ)が3月15日(金)に東京・TSUTAYA O-WESTでシークレットワンマンライブを行った。サイサイは3月13日(水)に6thアルバム『31313』をリリースしたばかり。実は今回のライブはNEO SHIBUYA TVとのプロジェクトで、3月2日(土)から渋谷の街頭ビジョンをジャックし、気鋭のクリエイターが手掛けた映像とともに今回のライブに関する情報を少しずつ匂わせていた。

それだけではない。10年代の東京ストリートカルチャーを牽引する池ノ上のショップMIN-NANOを手掛けるGORO NAKATSUGAWAが今プロジェクト限定Tシャツのデザインを担当するなど、サイサイの元に多彩なクリエイターが集結。インスタグラムなどのSNSを駆使し、ジワジワと進行する異色のプロジェクトにストリートシーンがざわついた。「今までとは違うサイサイ」をテーマに立ち上がったプロジェクトだけあって、この時点でインパクトは十分。

この日、非常に貴重なライブへのチケットを手にしたのは、2週間にわたって映像を通じて彼女たちが提示してきた謎をいち早く解明した、感度の高い400名のファン。会場に入ると、ステージはボタニカルな装飾で彩られ、 場内にはプライマル・スクリームがガンガンに流れている。いつものサイサイのライブとは明らかに異なるムードだ。

SILENT SIREN、突如渋谷でシークレットライブ 「今までとは違うサイサイ」
撮影/上飯坂一

SILENT SIREN、突如渋谷でシークレットライブ 「今までとは違うサイサイ」
撮影/上飯坂一

SILENT SIREN、突如渋谷でシークレットライブ 「今までとは違うサイサイ」
撮影/上飯坂一

SILENT SIREN、突如渋谷でシークレットライブ 「今までとは違うサイサイ」
撮影/上飯坂一

SILENT SIREN、突如渋谷でシークレットライブ 「今までとは違うサイサイ」
撮影/上飯坂一

SILENT SIREN、突如渋谷でシークレットライブ 「今までとは違うサイサイ」
撮影/上飯坂一


定刻20時が過ぎてしばらくすると、「恋のエスパー」をモチーフにしたシンフォニックなSEとともにステージ上にはスモークが立ち込め、メンバーが定位置につく。そして、すぅ(Vo,Gt)がギター1本で切なげに歌い始めた。曲は、『31313』収録のエモーショナルなロックチューン「クリームソーダ」。

今日は、彼女たちの衣装も普段とは異なるものだった。着ているものこそ今回の限定Tシャツだが、プロジェクトに関わるクリエイターがさらに“リミックス”を施し、全く新しいワードローブに極限まで変形させたのだ。ヘアメイクアーティスト喜多村拓矢とフジワラダイスケによる斬新でエッジーなヴィジュアルも異彩を放っている。これもまた「今までと違うサイサイ」。そんな4人の姿に一瞬驚いた様子を見せた観客もすぐに拳を突き上げ、手を打ち鳴らし、熱量を高めていく。

SILENT SIREN、突如渋谷でシークレットライブ 「今までとは違うサイサイ」
撮影/上飯坂一

SILENT SIREN、突如渋谷でシークレットライブ 「今までとは違うサイサイ」
撮影/上飯坂一

SILENT SIREN、突如渋谷でシークレットライブ 「今までとは違うサイサイ」
撮影/上飯坂一

SILENT SIREN、突如渋谷でシークレットライブ 「今までとは違うサイサイ」
撮影/上飯坂一

SILENT SIREN、突如渋谷でシークレットライブ 「今までとは違うサイサイ」
撮影/上飯坂一

SILENT SIREN、突如渋谷でシークレットライブ 「今までとは違うサイサイ」
撮影/上飯坂一


「クリームソーダ」が終わると、間髪入れずに同じく新作から「Attack」を叩き込む。あいにゃんのよく動くベースラインが演奏を引っ張り、ひなんちゅのドラムがグッと前に出てくる。「女子校戦争」が始まるとフロアの盛り上がりはより一層高まった。いつもと雰囲気の違うライブ、そして東京では久しぶりとなる小箱でのライブとあってメンバーもどことなく緊張しているように見えるが、ライブでの鉄板曲を鳴らすことでいつもの調子を徐々に取り戻していった。

「今日、この場所をみつけた強者のみんな!」とすぅがフロアを埋め尽くした観客に短めのあいさつを告げたあとは「milk boy」に突入。疾走感、キャッチーなメロディ、とことん楽しいサウンドを兼ね備えた楽曲に、観客はさらに前のめりに。現在のところ最新シングルとなっている「Go Way!」もすっかりライブの定番に。サビや間奏でのシンガロングや合いの手が一体感を高める。これでもかというぐらいキラーチューンを放り込んでくる今夜のライブは、実験的であると同時に、実はサイサイの王道だったりもする。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク