LUNA SEA さいたまスーパーアリーナでクリスマスライヴ2デイズ公演 「神回だよね(笑)」(J)

LUNA SEA さいたまスーパーアリーナでクリスマスライヴ2デイズ公演 「神回だよね(笑)」(J)
撮影/田辺佳子、橋本塁

結成30周年のアニバーサリーイヤーを迎えているLUNA SEAが、12月21日(土)・22(日)の2日間にわたり、さいたまスーパーアリーナにて『LUNATIC X'MAS 2019』を開催。5人の奏でる音楽、十字架を成す巨大LEDスクリーンに映し出される美しい映像、物語性を感じさせる照明とが三位一体となった圧巻のステージを繰り広げた。「毎年ここに帰って来てる。僕らのライヴハウス、さいたまスーパーアリーナ」(RYUICHI / Vo)と初日MCで呼び掛けたように、クリスマス近辺に同会場でライヴを行うのは恒例。しかし、年始にRYUICHIが肺腺癌の切除手術を経て生還、2019年の今回は特別な意味を帯びていた。

讃美歌と共にライヴが幕開けると、アリーナの左右天井から小さな円盤状のミラーが降下、上下に浮遊して光の柱を出現させた。電子的に描き出された教会、あるいは神殿のような荘厳なステージで、LUNA SEAの漆黒のクリスマス・ミサはスタート。「ROSIER」「I for You」「STORM」といった代表曲群を惜しみなく連打しつつ、グラミー賞5度受賞のキャリアを誇るスティーヴ・リリーホワイトとの共同プロデュースに挑んだ10作目のオリジナル・アルバム『CROSS』収録曲も披露。

LUNA SEA さいたまスーパーアリーナでクリスマスライヴ2デイズ公演 「神回だよね(笑)」(J)
撮影/田辺佳子、橋本塁

初日と2日目では曲の3分の1を入れ替える意欲的なセットリストで、初日は四半世紀前に遡る初期曲「FALLOUT」から「G.」へと繋げる予測不可能かつダークなオープニングで観客をどよめかせた。2日目は、SUGIZO(Gt)が音楽監督を務める『機動戦士ガンダム』40周年プロジェクトのうち、LUNA SEAの記念すべきコラボレーション第一作目「宇宙の詩~Higher and Higer~」でスタート、果てしなく広がり続ける宇宙そのもののような神秘的な音像で会場を包み込んでいく。また、J(Ba)がベースソロの見せ場から「メリークリスマス」と呟き、そのまま「JESUS」のタイトルコールへと繋げると割れんばかりの大歓声。既存曲もセットリスト内の置きどころや見せ方を変え、新鮮な喜びをファンに与えていく。

30年の活動を振り返り、「一度は家出(※終幕。活動休止)しましたけど、LUNA SEAという実家に帰ってきました」(初日)と語るRYUICHIには大きな拍手が送られた。それぞれのスキルは年を経るごとに磨き上げられ、5人で音を鳴らした時に生まれるグルーヴ感は代替不可能。変化熟成した奥深い表現を聴かせつつ、メンバー全員がまるで初ライヴにはしゃぐバンド・キッズのような笑顔を随所で見せていく。かつてLUNA SEAのライヴでは無言を貫いていたことが信じられないほどに、INORAN(Gt)は両日熱く語り、オーディエンスを率先して煽っていた。

LUNA SEA さいたまスーパーアリーナでクリスマスライヴ2デイズ公演 「神回だよね(笑)」(J)
撮影/田辺佳子、橋本塁

LUNA SEA さいたまスーパーアリーナでクリスマスライヴ2デイズ公演 「神回だよね(笑)」(J)
撮影/田辺佳子、橋本塁

中盤の真矢(Dr)によるドラムソロでは、5月の結成記念日に開催された日本武道館公演に引き続き、能の囃子方とのコラボレーションに息を呑んだ。この日お披露目となったPearl新電子ドラムe/MERGE(イーマージ)をライヴ会場で鳴らしたのは、真矢が世界初となる。鼓や笛の音と呼吸を合わせ、内蔵された和太鼓の音色を打ち鳴らし、日本古来の伝統と最新テクノロジーとの融合でオーディエンスを魅了した。

本公演は2017年に続き、全メンバーの楽器に水素燃料電池による電力を使用。環境に配慮するだけでなく、一音一音を際立たせるクリアなサウンドを実現した。この世界初の試みはLUNA SEAを起点に、去る11月に行われたU2来日公演にも波及している。さらに今回、SUGIZOは自前の燃料電池車(及び周辺機器)による電力を提供。出演者が自力で電力をまかなうライヴもまた、世界初である。バンドとしての音楽性を究めるだけでなく、音楽の技術革新や社会貢献の旗手となることによっても、レジェンドの名にふさわしい姿を示していた。

LUNA SEA さいたまスーパーアリーナでクリスマスライヴ2デイズ公演 「神回だよね(笑)」(J)
撮影/田辺佳子、橋本塁

LUNA SEA さいたまスーパーアリーナでクリスマスライヴ2デイズ公演 「神回だよね(笑)」(J)
撮影/田辺佳子、橋本塁

両日ともに中盤に置かれた「THE BEYOND」は『CROSS』の軸を成す曲で、『機動戦士ガンダム』40周年に寄せて書き下ろした壮大なバラード。初日、この曲直前のMCで「まだ学びたい」とRYUICHIは語ったが、30周年は彼らにとって到達点ではなく進化の途中。過去の自分たちを“超えていく”姿勢を示したLUNA SEA自身30周年ともシンクロする深遠な楽曲である。癌手術からの復帰、かつ10月にはポリープ除去手術も経たRYUICHIの歌声は、温存どころか艶と伸びを増幅。共に寄り添って歌うようなハートフルな真矢のドラミング、SUGIZOの冴え渡るメロディアスなフレーズ、INORANの爪弾くクリアトーン、力強くオールを漕ぐような揺るぎないJのベースライン。シンプルだが美しく、どこを切り取ってもLUNA SEAでしかありえない、記名性の塊のような歌と演奏に胸を打たれた。

2日目は、「THE BEYOND」の後、機材トラブルにより演奏の中断を余儀なくされたのだが、待ち時間を活かしてメンバーはトークイベントさながらの会話を始め、会場を沸かせた。SLAVE(ファンの呼称)やスタッフへの感謝に始まり、真矢によるJの物真似で爆笑を巻き起こすなど、通常のライヴではあり得ない展開をJは「神回だよね(笑)」と表現。SUGIZOは、自身の機材故障のためギターを持たない初のメンバー紹介をすることになり、エアギターのアクションで「ギャイーン!」と咆哮。「アコースティックでやろう!」とINORANが提案するなど、ハプニングを楽しさに転じようとしていた5人の姿は、結果的に、30周年の今だからこその揺るぎない絆を感じさせる貴重な時間となった。

LUNA SEA さいたまスーパーアリーナでクリスマスライヴ2デイズ公演 「神回だよね(笑)」(J)
撮影/田辺佳子、橋本塁

ディレイ機能を喪失したままライヴを続行するという判断の下(アンコールで復旧)、直後に披露した「BLACK AND BLUE」は、SUGIZOがとある映画にインスパイアされ、忘れてはならないインディー・ロックのアティテュードを胸に生み出された曲。満足の行かない環境下でも全身で、永遠の青春を謳歌するようにロックする5人とオーディエンスとの一体感は、完璧なパフォーマンスに勝るとも劣らない意味があった。

アンコールを待つ観客は、「きよしこの夜」を誰からともなく歌い始め、スマートフォンのライトをかざして“星空”を出現させた。幾度もウェーヴを繰り返すうちにメンバーが再登場。LUNA SEA初のクリスマスソングである「HOLY KNIGHT」、「White X‘mas」のワンコーラスをセッションしてからの「I for You」をロマンティックに届けた。

MCのメンバー紹介では、「無事生還してくれた我らのヴォーカリスト」(初日)とSUGIZOから紹介を受けると、「やっぱり音楽が好きなので、もうちょっと生きたいなと思って」(初日)とRYUICHI。「そんなSUGIZOが一番病気で倒れる(笑)」とINORAN、そのツッコミを受けてJ、真矢も笑顔。バンドの良好な空気感を伝える場面だった。

LUNA SEA さいたまスーパーアリーナでクリスマスライヴ2デイズ公演 「神回だよね(笑)」(J)
撮影/田辺佳子、橋本塁

ライヴを締め括るのは「WISH」が定番だが、初日はその後に「MOTHER」を披露して意表を突き、深い余韻を残した。また、2日目は『CROSS』の1曲目を飾る「LUCA」で締め括り、2020年2月にスタートするアルバムを引っ提げての全国ホールツアーへの助走とした。アルバムタイトルに絡め「人と人との“交わり”ですよ。誰一人欠けても今のLUNA SEAは無い」(2日目)と語った真矢。「メンバーが命に関わる病気を生還してきたことが、これだけバンドの絆を強くするんだな、と。俺たちは一人欠けても自分たちの人生を歩めないぐらい、すごく強い運命的な繋がりを持っているんだなと痛感した」(2日目)とSUGIZO。「どこまで行けるか分からない。だけどLUNA SEAはずっと登っていこうとするから」(2日目)とRYUICHI。INORANは「最後の曲『LUCA』から、俺らのまた新たな旅立ちが生まれた。お前ら、一緒に旅しようぜ!」と叫んだ。「この熱をツアーに連れていこうぜ! 今日来られなかった奴にもよろしく伝えてくれ!」と、いつもその場にいないファンへの言葉も忘れないJ。30周年にして、新たな扉を次々と果敢に明けていく稀代のロックバンドLUNA SEAは、彼らを愛するすべての人の想いを受け止めながら、更なる前進を続けていく。
(取材・文/大前多恵)

セットリスト


LUNA SEA 30th Anniversary LIVE LUNATIC X’MAS 2019
12月21日(土)さいたまスーパーアリーナ
1. FALLOUT
2. G.
3. ROSIER
4. DESIRE
5. IN MY DREAM (WITH SHIVER)
6. 宇宙(そら)の詩(うた)~Higher and Higher~
7. BEYOND THE TIME ~メビウスの宇宙を越えて~ ※TM NETWORKカバー
8. 悲壮美
9. absorb
10. Dr.Solo & Bass Solo
11. Dejavu
12. THE BEYOND
13. Hold You Down
14. STORM
15. SHINE
16. TONIGHT
<ENCORE>
1. HOLY KNIGHT
2. White Christmas ~ I for You
3. BELIEVE
4. WISH
5. MOTHER

12月22日(日)さいたまスーパーアリーナ
1. 宇宙(そら)の詩(うた)~Higher and Higher~
2. The End of The Dream
3. ROSIER
4. DESIRE
5. IN MY DREAM (WITH SHIVER)
6. Sweetest Coma Again
7. BEYOND THE TIME ~メビウスの宇宙を越えて~ ※TM NETWORKカバー
8. 悲壮美
9. 闇火
10. Dr.Solo & Bass Solo
11. JESUS
12. THE BEYOND
13. BLACK AND BLUE
14. STORM
15. SHINE
16. BELIEVE
<ENCORE>
1. HOLY KNIGHT
2. White Christmas ~ I for You
3. TONIGHT
4. WISH
5. LUCA

ツアー情報


2020年2月1日(土)三郷市文化会館
2020年2月2日(日)三郷市文化会館
2020年2月27日(木)宇都宮市文化会館大ホール
2020年2月28日(金)宇都宮市文化会館大ホール
2020年3月7日(土)本多の森ホール(旧石川厚生年金会館)
2020年3月8日(日)本多の森ホール(旧石川厚生年金会館)
2020年3月14日(土) 南相馬市民文化会館ゆめはっと大ホール
2020年3月15日(日)南相馬市民文化会館ゆめはっと大ホール
2020年3月21日(土)福岡サンパレス
2020年3月22日(日)福岡サンパレス
2020年3月28日(土)上野学園ホール(広島県立文化芸術ホール)
2020年3月29日(日)上野学園ホール(広島県立文化芸術ホール)
2020年4月4日(土)大阪国際会議場メインホール
2020年4月5日(日)大阪国際会議場メインホール
2020年4月11日(土)松山市民会館大ホール
2020年4月12日(日)松山市民会館大ホール
2020年4月18日(土)新潟県民会館大ホール
2020年4月19日(日)新潟県民会館大ホール
2020年4月25日(土)仙台サンプラザホール
2020年4月26日(日)仙台サンプラザホール
2020年5月2日(土)神戸国際会館こくさいホール
2020年5月3日(日)神戸国際会館こくさいホール
2020年5月9日(土)札幌文化芸術劇場 hitaru
2020年5月10日(日)札幌文化芸術劇場 hitaru
2020年5月14日(木)名古屋国際会議場 センチュリーホール
2020年5月15日(金)名古屋国際会議場 センチュリーホール

【LUNA SEA 30th Anniversary SLAVE限定GIG 2020】
2020年2月13日(木)町田市民ホール
2020年2月14日(金)町田市民ホール





■LUNA SEA オフィシャルサイト

あわせて読みたい

エキサイトミュージックの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

音楽ニュースアクセスランキング

音楽ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月23日の音楽記事

キーワード一覧

エキサイトミュージックとは?

話題のアーティストのライブ情報や最新音楽情報などをお届け。人気アイドルグループや注目アーティストのインタビューなども充実。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。