小松菜奈と菅田将暉、映画「溺れるナイフ」の過酷な撮影現場を暴露!?

映画「溺れるナイフ」11月5日(土)の公開に先立ち、10月18日(火)有楽町朝日ホールにて、豪華出演者登壇による完成披露試写舞台挨拶が実施された。



小松菜奈菅田将暉重岡大毅上白石萌音、志磨遼平、山戸結希監督らが登場すると会場から黄色い歓声と拍手で場内は熱気に包まれた。キャスト達は集まってもらった観客に挨拶をする中、重岡の番になるとすかさず「ターンして」、「ボタン開けすぎじゃない?」の菅田のツッコミに観客からは笑いが。続く山戸監督の緊張気味の挨拶に合いの手のごとくツッコミを入れる重岡に「しげ、ゆっくり聞いてあげて!」と菅田が言えば、志磨からは「いちいちツッコむのはやめなさい」と言われるなど序盤から和気藹々として雰囲気に会場からは常に笑いにあふれていた。



昨年9月に和歌山の大自然を舞台に17日間という短い期間で撮影された本作は、天候的にも時間的にも厳しかったということから、この日は劇中の場面写真を使い【友情編】、【恋愛編】、【激写編】の3つに分けてのトークイベントが行われ、撮影当時の思い出話で盛り上がっていた。



まず、最初の【友情編】ではクールな言動とその奥に秘めたギャップに夏芽の心をわしづかみにする少年コウを演じる菅田とその親友、大友を演じた重岡の教室での2ショットが写しだされると会場からは再び黄色い歓声が。そんな二人は同じ関西出身ということでお互いの第一印象について質問が及ぶと菅田は「現場の太陽と言われていた」と重岡の現場での立ち振る舞いを絶賛。一方で重岡は照れながら「最初は寡黙な人だと思っていました」と言いつつも「まとめるとめっちゃ、いいやつ!」と言う重岡にすぐさま「雑!」とツッコミを入れる姿に会場からは笑いが。続いて、コウの幼馴染で彼を慕うカナを演じた上白石は、普通の中学生から少し垢抜けた高校生へとなったカナの比較写真に観客から驚きの声があがった。「実は撮影前に山戸監督から中学生を演じるにあたり体重を増やしてと言われて・・・」というと続けて「高校生を演じる4日後には体重を元に戻して臨んだ」と告白すると、「いわゆる高校デビューする劇的ビフォーアフターです」と会場を笑わせていた。そんなストイックな役作りが語られると菅田も同じように体重を減らしていたらしく小松からも「あれは心配だった」というほどの役者たちも本気で臨んだ撮影秘話が語られた。