解散と再結成を経た2組、Do As Infinity×MOONCHILDがガチ対談!今だから語れる赤裸々エピソード【インタビュー】

解散と再結成を経た2組、Do As Infinity×MOONCHILDがガチ対談!今だから語れる赤裸々エピソード【インタビュー】

来たる3月6日(月)、Do As InfinityとMOONCHILDが、対バンイベント「GREATEST HITS vol.1」を、渋谷・TSUTAYA O-EASTにて開催する。



90年代後半に登場し一時代を築き上げた2組は、いずれも解散と再結成を経験。今もお互いに交流を深めながらそれぞれの活動を行なう周知の間柄だが、対バンを行うのは今回が初となる。今回はこれを記念して、Do As Infinity(以下、Do As)のギタリスト大渡亮(おおわたり りょう・以下、大渡)、MOONCHILDのヴォーカル/ギターを担当する佐々木収(ささき おさむ・以下、佐々木)にインタビューを敢行。境遇の似た2人による、今だからこそ実現した“ガチな対談”を繰り広げてもらった。



■2人の出会いと絆

―お2人のそもそもの出会いについて教えてください。



大渡:収くん(=佐々木)は元事務所の先輩なんです。歳は一緒なんですけどね。MOONCHILDが96年、僕がDo Asの前に結成していたバンド、Pee-Ka-Boo(ピーカーブー)が98年にデビューしてまして。



―当時から仲良かったんですか?



大渡:僕が入った頃、既にMOONCHILDはすごく忙しくてずっと出ずっぱりの状態。あまり事務所にいることがなかったので、接する機会がなかったですね。



佐々木:ただ事務所に行ってなかっただけですよ(笑)。まあ、仲良くなったのはMOONCHILDを解散した後、僕がRicken’sっていうバンドでデビューした以降ですね。2005年くらいかな。亮くん(=大渡)とイベントで一緒になって。すごく久しぶりの再会だったんだけど、「いや~、本当に偉くなったな~」ってつくづく思いましたね。


編集部おすすめ

当時の記事を読む

大渡亮のプロフィールを見る
イータレントバンクの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「大渡亮」に関する記事

「大渡亮」に関する記事をもっと見る

音楽ニュースランキング

音楽ランキングをもっと見る
お買いものリンク