サントリーがウイスキーを値上げする。 その理由とその内容とは?

サントリーがウイスキーを値上げする。 その理由とその内容とは?

 サントリー先日発表したウイスキーの値上げに疑問符が……付かないか? 


 値上げの内容は「山崎」など国産ウイスキーと「ザ・マッカラン」などの輸入スコッチウイスキーの合計6ブランド39品目を最大25%値上げするというものだ。2015年4月から新価格を適用する。「角瓶」などの普及品や他の輸入ウイスキーの価格は据え置く。


 今回、値上げするのは国産で「山崎」「響」「白州」、スコッチウイスキーで「ザ・マッカラン」「バルヴェニー」「ラフロイグ」の3ブランド。サントリーは他にも多くのスコッチを販売しているが、今回は3ブランドだけの値上げだという。ウイスキー・ブームを背景に巷で人気の銘柄ばかりだ。


 主だった製品別に見ると「響17年(700ml)」は税別希望小売価格1万円を1万2000円に引き上げる。同じく「山崎12年(700ml)」は、7000円から8500円に、ベーシックな製品「山崎」は3500円を4200円に改訂する。輸入スコッチではモルトウイスキー「ザ・マッカラン12年(700ml)」は5000円を6000円に値上げする。高級国産品の値上げは2008年9月以来6年半ぶり、輸入スコッチも2013年3月以来2年ぶりの値上げとなる。


 この値上げの理由をサントリーは、「麦芽やトウモロコシの輸入価格が2009年比で60~70%上昇しているほか、世界的な需要の高まりで熟成樽に使うオーク(樫)材も高騰している。さらに円安によって、輸入ウイスキーの輸入価格も上昇している」と説明する。


あわせて読みたい

エコノミックニュースの記事をもっと見る 2014年12月20日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。