第3者委で処分の妥当性や元助役の原資も対象に


関電が行った処分は最も重い処分で八木会長と豊松副社長が報酬の2割、2カ月返上。岩根社長が報酬2割、1か月返上。他の3役員は厳重注意だった。


また八木会長は仕立て券付き背広生地2着(1着50万円)をもらい、着用していたことを記者団に聞かれ「当初は儀礼の範囲内と思っていた。今回、高価なものであるということが分かったので、その額相当分を返却すべく取り組む」などと答えた。


 会見で記者団から1億円超の金品を受領した豊松元副社長と鈴木常務執行役員について、記者会見し説明するよう求められ、岩根社長は「信頼を回復するために、会社としてどうするか考えて参りたい」として即答はしなかった。多額に上るだけに豊松、鈴木両氏が直接、説明することが信頼回復に欠かせないとみられる。(編集担当:森高龍二)

当時の記事を読む

エコノミックニュースの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月3日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。