SNSで話題のドラマ『准教授・高槻彰良の推察』、出演女優たちの名シーンを振り返る

プロデューサーの言う通り、更紗のラストシーンは見ている側にも胸に来るものがあった。そのシーンを振り返り市川と馬渕はインタビューにこう答えてくれた。

市川「若い頃から女優をしている更紗と同じように、私も14歳から女優を始め、この業界の色々な面を見てきているので、更紗が感じている事に共感できる部分は多かったです。悩みを誰にも言えず、ずっと心の中に“あるもの”を抱えながらも、女優という仕事を一生懸命やっている姿や、それを吐露する姿は、演じていて胸に迫るものがありました」

馬渕「私は、更紗の独白を聞きながら『こんなふうに思わせてしまって申し訳ない』とか『この痛みって、私(マネージャー)の痛みでもある』とか『もっと彼女を輝かせる仕事を取ってこなきゃいけない』と思いながら、宮原を演じました。私だったらそういうマネージャーさんに側にいて欲しいので!」

女優陣プレイバック、ラストを飾るのは、このドラマのヒロインで高槻研究室の大学院生・生方瑠衣子を演じる岡田結実。根が明るく、怪異や人の抱える闇など暗くなりがちな物語の空気感をふわっとやわらかくしてくれるこのドラマの癒し的存在だ。そんな瑠衣子を演じる岡田に対し、番組Pは「実は一番難しい芝居を要求している」と答えた。

「このドラマはキャラクターが強い登場人物ばかり。そんな中で瑠衣子は誰よりも『普通』な存在なんです。実は『普通』が一番難しい(笑)。モノマネも癖がある人をまねるのは簡単ですよね。どうやって『普通』を表現するのかって本当に役者泣かせなんです。でも岡田さんはひとつひとつの台詞、しかも相手の台詞を大事にして、その言葉に対して素直にリアクションをしてくれています。『そうか、相手に合わせることで“普通”も表現できるのか』と若い岡田さんに教えられた気がしています。きっと岡田さん自身の素直さ、表裏のなさが瑠衣子を生かしてくれているんだなと。そんな瑠衣子の一番好きなシーンはちょうど次回放送の第5話に出てきます。尚哉のとあるセリフを受けたあとの『そっか』という一言なのですが、そこに瑠衣子が抱えている感情、尚哉に対するやさしさ、高槻への思い、全部が乗っていて……現場でモニター見ながらちょっと感動して泣きそうになってしまいました」
編集部おすすめ

当時の記事を読む

伊野尾慧のプロフィールを見る
エンタメNEXTの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「伊野尾慧」に関する記事

「伊野尾慧」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「伊野尾慧」の記事

次に読みたい「伊野尾慧」の記事をもっと見る

芸能総合ニュースランキング

芸能総合ランキングをもっと見る
お買いものリンク