「トムとジェリー」にも会える!?アイルランド・ダブリン最古の教会クライストチャーチ

アイルランドの首都ダブリン。1000年を超える豊かな歴史と伝統を育んできたこの街は、数多くの著名な作家や芸術家、音楽家を輩出してきました。

現代的で機能的な街並みに古色蒼然とした歴史的建造物が溶け込んだ、躍動感あふれる都市の姿が魅力です。

そんなダブリンを代表する観光スポットのひとつが、街の中心に建つクライストチャーチ。ダブリンに2つある大聖堂のうちの古いほうで、ダブリン最古の教会として知られています。

「トムとジェリー」にも会える!?アイルランド・ダブリン最古の教会クライストチャーチ


ここに最初の教会が建てられたのは、1038年のこと。

北欧系のデーン人によって木造の教会が建てられた後、1172年には当時の大司教であったローレンス・オトゥールと、ノルマン人騎士のリチャード・ド・クレア=ストロングボウによって、石造りの大聖堂が建造されました。

「トムとジェリー」にも会える!?アイルランド・ダブリン最古の教会クライストチャーチ


現在見られる建物は、1870年代の大修復によって、12~13世紀の資材とヴィクトリア朝のゴシック様式とが融合したものです。

「トムとジェリー」にも会える!?アイルランド・ダブリン最古の教会クライストチャーチ


数あるヨーロッパの教会のなかでも有数の歴史を誇るだけに、その姿は質実剛健としていて重厚感たっぷり。一見すると直線的で簡素ですが、計算された造形美は圧巻。見る角度によっては、お城のようにも見えます。

大聖堂内も、外観同様に力強くどっしりとした造り。

「トムとジェリー」にも会える!?アイルランド・ダブリン最古の教会クライストチャーチ


内部には複数の礼拝堂があり、正面の最奥に位置する聖母礼拝堂には、現代美術家イモージェン・スチュアートによって1991年に制作された聖母子像が安置されています。

「トムとジェリー」にも会える!?アイルランド・ダブリン最古の教会クライストチャーチ


南翼廊にあるダブリンの守護聖人ローレンス・オトゥールの礼拝堂では、ロマネスク様式とゴシック様式のアーチが重なる珍しい装飾が見られます。ここには鉄のケースに入った聖人の心臓が納められていましたが、2012年に盗難に遭い、2018年に再び警察を通じて大聖堂に返還されました。

あわせて読みたい

気になるキーワード

GOTRIP!の記事をもっと見る 2018年10月31日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。