国際貿易で栄えたエキゾチックな港町、福岡県北九州市の門司港レトロを歩く

関門峡を挟んで下関の対岸に位置する北九州市の門司港(もじこう)は、国際貿易で栄えた港町。1889年に開港し、最盛期には年間600万人もの乗降客で賑わいました。

その名残は、明治から大正時代にかけて建てられた洋風建築に。駅や港の周辺は、門司港レトロ地区として整備され、古き良き時代をしのぶノスタルジックな港町として人気を集めています。

国際貿易で栄えたエキゾチックな港町、福岡県北九州市の門司港レトロを歩く


門司港散策の起点は、JR門司港駅。1914年に旧門司駅として開業したネオ・ルネッサンス様式の木造建築で、1988年には鉄道駅舎として初となる国の重要文化財に指定されました。

国際貿易で栄えたエキゾチックな港町、福岡県北九州市の門司港レトロを歩く


6年にわたる補修工事を経て、2019年3月にグランドオープン。旧三等待合室にスターバックスが入るなど、昔なつかしい雰囲気を残しつつ、装いも新たに生まれ変わっています。ネオ・ルネッサンスという西洋の建築様式でも、どこか和の雰囲気が漂っているのが面白いですね。

国際貿易で栄えたエキゾチックな港町、福岡県北九州市の門司港レトロを歩く


門司港の主要なレトロ建築群は、駅から徒歩15分以内の狭い範囲にまとまっています。

駅からすぐの場所にあるグレーの木組みの建物が、旧門司三井倶楽部。三井物産の社交場として1921年に造られたもので、幾何学模様のアールデコ調の飾りが施された内装は、大正モダンの美意識を感じさせます。

国際貿易で栄えたエキゾチックな港町、福岡県北九州市の門司港レトロを歩く


ノーベル物理学賞を受賞したアインシュタインが公演のために来日した際、この旧門司三井倶楽部に宿泊。2階にはアインシュタインが宿泊した部屋を再現した「アインシュタインメモリアルルーム」のほか、門司出身の女流作家・林芙美子の記念室もあります。

あわせて読みたい

気になるキーワード

GOTRIP!の記事をもっと見る 2019年7月29日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら