トルコ・イスタンブール歴史地区に残る「シェフザーデ・モスク」はスレイマン大帝の愛息子のためのモスク

トルコ史上最高の建築家と評されるミマール・スィナンは、オスマン帝国を最盛期に導いたスレイマン大帝の時代から宮廷建築家として数々の業績を残しました。

ミマール・スィナンは自伝において、自身の建築家としての歴史を「徒弟の時代」「職人の時代」「親方の時代」という3つの時代にわけています。

具体的には、イスタンブールに現存するシェフザーデ・モスクを建てるまでが「徒弟の時代」、スレイマニエ・モスクを建てるまでが「職人の時代」、エディルネのセリミエ・モスクを建てるに至った以後が「親方の時代」といった区分です。

スレイマン大帝のためのスレイマニエ・モスクや、世界遺産にも登録されているセリミエ・モスクはよく知られていますが、シェフザーデ・モスクとはいったいどのようなモスクで、何のために建てられたのかは、あまり知られていません。

トルコ・イスタンブール歴史地区に残る「シェフザーデ・モスク」はスレイマン大帝の愛息子のためのモスク


シェフザーデとはトルコ語で「皇子」を意味します。このモスクは、スレイマン大帝の息子、つまり皇子であるメフメトのために建てられたのです。

スレイマン大帝のためのモスク、スレイマニエ・モスクよりもシェフザーデ・モスクが先に建設されたのは、スレイマン大帝よりも先にメフメトが亡くなってしまったためです。

メフメトが生まれるまで、スレイマン大帝の後継ぎになり得たのはマヒデブラン妃との間に生まれた皇子ムスタファだけでした。その後、大帝とヒュッレム妃との間に、1521年、メフメトが誕生すると、スレイマン大帝はメフメトを大変可愛がったといいます。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 世界遺産 日本
  2. 世界遺産 長崎
GOTRIP!の記事をもっと見る 2019年11月12日のトラベル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「世界遺産 + 日本」のおすすめ記事

「世界遺産 + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

「世界遺産 + 長崎」のおすすめ記事

「世界遺産 + 長崎」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。