オスマン帝国最盛期の基礎を造り上げた実力者、オスマン帝国第9代皇帝「セリム1世」のモスクと霊廟

オスマン帝国最盛期の基礎を造り上げた実力者、オスマン帝国第9代皇帝「セリム1世」のモスクと霊廟
オスマン帝国の最盛期はスレイマン大帝の時代、とよく言われますが、彼がそのように評されるのは、先代のスルタンの努力による基礎があってこそ、ということを忘れてはいけません。

スレイマン大帝の父セリム1世は、ヤヴズ(Yavuz)、つまり「冷酷者」それゆえに「卓越した者」と呼ばれるほどの業績を残していることは、あまり知られていません。

セリム1世は、物心ついたころから父バヤジット2世の消極性に不満を抱えていました。上に兄弟がいたため、スルタンの継承順位は最下位であったのにもかかわらず、1512年に常備軍歩兵イェニ・チェリに擁立されて兄たちを排除すると、なんと父までをも退位させて自らスルタンの地位についたのです。

先代までのスルタンは、主にバルカン半島方面の進出に力を入れていたのとは対照的に、セリム1世は東方の領土拡大を推し進めるという政策をとりました。アナトリア半島におけるサファヴィー朝の妨害を排除し、現在のイラク北部にあたるクルディスタンや南アナトリアも制圧し、さらに東へ領土拡大を進めました。

またセリム1世はアラビア半島へも目を光らせていました。北アフリカのアルジェを占領、さらにマムルーク朝を滅ぼし首都カイロを落とすと、シリア、エジプト、パレスティナまでをも併合したのです。アッバース朝も完全に滅ぼし、聖地メッカ、メディナをオスマン帝国の保護下に置くまでに帝国を拡大させたことは、セリム1世の最も大きな業績のひとつであり、帝国をスンナ派イスラム世界のトップの座に押し上げることに成功したのです。

あわせて読みたい

GOTRIP!の記事をもっと見る 2019年10月14日のトラベル記事

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。