トルコの世界遺産の街・オスマン朝の古都ブルサ最大規模のモスク「ウル・ジャーミィ」

国民の大多数がムスリム(イスラム教徒)のトルコには、人々が礼拝のために集うモスクが各都市のの至る所にあります。トルコ史上最高の建築家と評されるミマール・スィナンが設計したモスクは、大都市イスタンブールの景観を特徴づけるものですが、もちろん彼以前の時代にも、トルコではモスクの建築が行われていました。

ブルサは、1326年にセルジューク朝からこの街を奪ったオスマン朝が最初の首都を置いた場所で、世界遺産にも登録されているトルコ北西部の街です。オスマン朝が誕生したブルサには、オスマン朝初期の歴史あるモスクが残されています。その代表的なものが、ブルサの中心部に位置するウル・ジャーミィ(ブルサの大モスク)です。

トルコの世界遺産の街・オスマン朝の古都ブルサ最大規模のモスク「ウル・ジャーミィ」


ウル・ジャーミィは、オスマン帝国第4代皇帝のバヤジット1世によって1396年から1399年にかけて建設されたものです。あまりにも大きなモスクのため、近くからはその全貌を捉えるのが難しいほどです。

大ドームがいくつかの小ドームを支えるというスィナンの設計によるモスクとは打って変わって、このウル・ジャーミィは20個ものドームが並列するように天井を構成するセルジューク様式で、独特の外観をしています。

20個のドームを支えるように、モスク堂内には太い柱が何本も床に刺さっています。柱の一本ずつ、そして壁面に飾られた大小様々な額に描かれたカリグラフィー(イスラム書道)がなんとも美しく、このモスクを特徴づけているといえます。

あわせて読みたい

GOTRIP!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「世界遺産 + 日本」のおすすめ記事

「世界遺産 + 日本」のおすすめ記事をもっと見る

「世界遺産 + 長崎」のおすすめ記事

「世界遺産 + 長崎」のおすすめ記事をもっと見る

トラベルニュースアクセスランキング

トラベルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月19日のトラベル記事

キーワード一覧

  1. 世界遺産 日本
  2. 世界遺産 長崎

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。