【日本再発見の旅】山口県・岩国、世界遺産を目指す錦帯橋で造形美と先人の知恵に触れる

【日本再発見の旅】山口県・岩国、世界遺産を目指す錦帯橋で造形美と先人の知恵に触れる
       
広島県との県境に接する山口県岩国市。そのシンボルが、東京都中央区の日本橋、長崎県長崎市の眼鏡橋とともに「日本三名橋」のひとつに数えられる錦帯橋です。

【日本再発見の旅】山口県・岩国、世界遺産を目指す錦帯橋で...の画像はこちら >>


錦帯橋は、1673年、岩国城と城下町をつなぐ橋として、岩国藩主・吉川広嘉によって建造されました。

5連のアーチ橋と周囲の自然が織り成す美しい景観から国の名勝にも指定されており、春は桜、夏は鵜飼いや花火、秋は紅葉、冬は雪化粧と、四季折々の情緒あふれる風景が楽しめます。

【日本再発見の旅】山口県・岩国、世界遺産を目指す錦帯橋で造形美と先人の知恵に触れる


錦帯橋について特筆すべきは、その造形美と独自の工法。当時の土木建築技術の粋を集めて造られた橋だけに、アーチ部分の精巧さと強度に関しては、現代力学においてもまったく遜色のないものです。

まさに日本が世界に誇る希代の木造橋。その証として、地元では錦帯橋を世界遺産に登録にするための活動が進められています。

【日本再発見の旅】山口県・岩国、世界遺産を目指す錦帯橋で造形美と先人の知恵に触れる


錦帯橋が造られる以前、岩国城と城下町を隔てる錦川は暴れ川として有名で、橋を架けても洪水で流されるという事態が繰り返されていました。

そこで、「流されない橋を」という悲願を果たすべく建設が始まったのが錦帯橋なのです。とはいえ、川幅約200メートルの錦川に洪水でも流されない橋を架けることは簡単ではありませんでした。

【日本再発見の旅】山口県・岩国、世界遺産を目指す錦帯橋で造形美と先人の知恵に触れる


そんな折、吉川広嘉は明の僧から西湖の絵図を入手します。そこに描かれていた5つの小島を繋ぐ6つのアーチ橋から、錦帯橋の着想を得、研究を重ねた結果、ついに構想が実現したのです。

錦帯橋は重力に逆らわない自然な形状をしているため強度が高く。支柱のない1つのアーチで60トンの重さに耐えることができるといいます。

あわせて読みたい

GOTRIP!の記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「世界遺産」に関する記事

「世界遺産」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「世界遺産」の記事

次に読みたい「世界遺産」の記事をもっと見る

コラムニュース

コラムランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月5日のトラベル記事

キーワード一覧

  1. 世界遺産 日本
  2. 世界遺産 長崎

このカテゴリーについて

国内人気観光スポット、世界のオススメスポット、人気宿など旅行に役立つ情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。