家具でありながら、デザインを追求したくなる芸術品でもあるチェア。素材やフォルム、ディテールにこだわり、お部屋のアクセントとなるチェアを取り入れてみませんか。置き場所や用途などに工夫をこらすことで、インテリアの幅も広がります。絵になるチェアがあるユーザーさんのお部屋作りをぜひチェックしてみてください。



ナチュラルデザインをスタイリッシュに

木材や布などのナチュラルな素材を使ったチェアは、凛とした佇まいでお部屋にも馴染みよく映ります。素材のよさを活かし、座り心地なども追及されているので、実際に座っても抜群の居心地のよさを感じられます。チェア自体が持つパワーをお部屋作りに活かしたいですね。


■パッチワークのイームズチェア

家具という名の芸術品。お部屋のメインアイテムとして佇む絵にな...の画像はこちら >>


ミッドセンチュリーの代表ともいえる、イームズチェア。丸みのあるフォルムと、特徴的な脚のデザインが美しい大人気のチェアです。お部屋を彩る豊富なカラー展開の中から、Mayu..さんはモノトーンのパッチワークをチョイスされていました。シックな大人っぽさが加わり、お部屋の雰囲気を引き締めます。


■微妙に違う形を色味で統一

家具という名の芸術品。お部屋のメインアイテムとして佇む絵になるチェア
撮影:hiraya2015さん


hiraya2015さんのお部屋は、まさにチェアがメインのくつろぎ空間です。それぞれ少しずつ形が違うチェアを使っていますが、木材と黒の座面という統一感を持たせることで、全体がしっくりとまとまっています。木がたくさん使われたお部屋との愛用も抜群で、家族1人1人がリラックスできる空間です。


この記事の画像

「家具という名の芸術品。お部屋のメインアイテムとして佇む絵になるチェア」の画像1 「家具という名の芸術品。お部屋のメインアイテムとして佇む絵になるチェア」の画像2 「家具という名の芸術品。お部屋のメインアイテムとして佇む絵になるチェア」の画像3 「家具という名の芸術品。お部屋のメインアイテムとして佇む絵になるチェア」の画像4
「家具という名の芸術品。お部屋のメインアイテムとして佇む絵になるチェア」の画像5 「家具という名の芸術品。お部屋のメインアイテムとして佇む絵になるチェア」の画像6 「家具という名の芸術品。お部屋のメインアイテムとして佇む絵になるチェア」の画像7 「家具という名の芸術品。お部屋のメインアイテムとして佇む絵になるチェア」の画像8
「家具という名の芸術品。お部屋のメインアイテムとして佇む絵になるチェア」の画像9 「家具という名の芸術品。お部屋のメインアイテムとして佇む絵になるチェア」の画像10 「家具という名の芸術品。お部屋のメインアイテムとして佇む絵になるチェア」の画像11