【保存版】片付けのプロはこれをためません!「溜まりやすくて捨てにくいモノ」5選
ミニマリスト 溜めないモノ

モノの溜め込みチェックリスト

整理収納アドバイザーFujinao(フジナオ)です。

家の片づけで重要なのはモノを溜め込まないこと!

もちろん、わかってはいるけれど気がつけば家の中はごっちゃごちゃ。

一体、何から捨てたらいいんだっけ…?

そう思ったら、下の5つの項目をチェックしてみましょう!

片づけのプロであるFujinaoが日頃から自宅に溜め込まないようにしているモノリストです。

①無料のモノ

社名入りのボールペンや子供の景品でよくもらう消しゴム。

景品でもらえるマグカップ、お皿。

ショッピングモールで「無料です!」と勧誘されるウォーターサーバー。

このあたりの「無料で手に入る」モノには注意が必要です。

【保存版】片付けのプロはこれをためません!「溜まりやすくて捨...の画像はこちら >>

文具類は一度手に入れると意外と使い切るまでに時間がかかりますし、使い心地も好みが分かれるもの。

「いつか使う消耗品だから」と軽い気持ちで受け取ってしまうと意外と何年も家に居座ってしまうことが多いジャンルです。

マグカップやお皿も同様に割れたり欠けたりするまで捨てにくいモノなので、最初から家に溜め込まないほうがずっと楽です。

また、ウォーターサーバーなどは本体が無料の代わりに月々のお水をタンクで購入しなくてはいけなく、本体だけではなくタンクの置き場所も必要になってきます。

「無料」という謳い文句に釣られて家の中の貴重な空間が奪われてしまわないようにしましょう。

②紙類

【保存版】片付けのプロはこれをためません!「溜まりやすくて捨てにくいモノ」5選
ミニマリスト 溜めないモノ

毎日ポストに投函されるチラシや子供が学校から持ち帰るプリント類、いつか使うかもしれないクーポン、年賀状…。

紙類が厄介なのは一枚一枚は薄く嵩張らないけれど、捨てる時に「捨てて大丈夫かの確認」を一枚一枚するので時間がかかること!

だから紙類の管理は基本、捨てる。

紙類の管理にかける時間は極力減らしたほうが良いです。

「いつ使うのかわからないお店のクーポン」も大切な人生の時間と引き換えにするのか?と考えると潔く捨てられるようになります。

③便利グッズ

【保存版】片付けのプロはこれをためません!「溜まりやすくて捨てにくいモノ」5選
ミニマリスト 溜めないモノ

100円ショップの便利アイテムや育児の便利グッズ、リラックスアイテムなど「あれば便利かも」と思って買ったのに1~2回しか使わずに放置しているアイテムはもう潔く手放しましょう。

本当に便利だったり、本当に必要なモノであれば使い続けているはず!

今、使っていないということはなくても大丈夫、ということです。

④布類

【保存版】片付けのプロはこれをためません!「溜まりやすくて捨てにくいモノ」5選
ミニマリスト 溜めないモノ

洋服や寝具の替えカバー、マルチカバーやブランケット、ぬいぐるみ。

布類は嵩張りますし、湿気を吸い込んだりダニやカビの住処となりやすい場所です。

洋服は旬が過ぎて気分じゃなくなってしまったモノは手放し、寝具の替えカバーも本当に必要か考え直してみましょう。

小さい子がいるならばよく汚すこともありますが、大人だけであれば「朝洗って夜、乾いたら装着する」というサイクルでも十分に回ります。

また、マルチカバーやブランケット類も枚数が多過ぎないかこまめに見直しをするようにしましょう。

ぬいぐるみも、定期的な洗濯などのメンテナンスが面倒ならば「ありがとうございました」と感謝を告げてお別れしましょう。

あなたの健康を守ることも大切なことです。

⑤「いつかやろう」と後回しにしているモノ

【保存版】片付けのプロはこれをためません!「溜まりやすくて捨てにくいモノ」5選
ミニマリスト 溜めないモノ

ボタンが取れたのを放置している服や、踵の修理に出さなくてはいけないのにずっとそのままにしている靴。

第3回までしか受講できていない通信講座。

いつか作ろうと思っているハンドメイドキット…。

「いつかやろう」と思って放置しているモノは自分の中で重要度や緊急性が低いモノばかりです。

ずっと「いつかどうにかしなきゃ…」と頭の片隅に置き続けるのをやめて一度リセットしてみると案外「やっぱりいらなかったんだ!」となることも多いものです。

【保存版】片付けのプロはこれをためません!「溜まりやすくて捨てにくいモノ」5選

いかがでしたか?

家庭内で溜まりやすく、捨てにくいジャンルのモノ、5つ。

皆さんのお家でも思い当たる部分があったでしょうか?

お片づけの参考になれば幸いです。