160余年におよぶルイ・ヴィトンの歴史を巡る旅。巡回展「SEE LV」が東京ミッドタウン 芝生広場で7月8日から開催
拡大する(全7枚)
ⒸLOUIS VUITTON , DAICI ANO

ルイ・ヴィトンは、2022年7月8日から8月21日まで、メゾンの160余年におよぶ歴史を巡る旅へと誘う「SEE LV」展を六本木の東京ミッドタウン 芝生広場にて開催いたします。

2020年よりスタートしたルイ・ヴィトンの巡回展「SEE LV」─2021年、2022年と世界の主要都市に降り立った後、このたび4番目の寄港地となる東京での開催を迎えることとなりました。メゾンのヘリテージ・コレクションから選りすぐりの歴史的アーカイヴの数々と最新のクリエーションを組み合わせてご紹介する本展では没入型のデジタル体験を通してメゾンの世界を探求していただけます。

日本の首都として発展し続け、現在では約1400万人が暮らす世界有数の大都市となった東京。政治、経済、文化などさまざまな分野において日本の中心であり、歴史と伝統に彩られた観光地から新たな名所も生み出しているこの都市は、常に最先端のカルチャーを発信し、世界中の人を魅了し続けています。2022年、この東京が「SEE LV」展の寄港地として選ばれたのは当然とも言えるでしょう。

来場者をお迎えするのは、アーティストのレフィーク・アナドールがAI(人工知能)技術を駆使して描いた若き日の創業者ルイ・ヴィトンのポートレート。そしてまず現れるのは、時を遡る手法で厳選されたウィメンズ& メンズのプレタポルテ・コレクションをご紹介する展示ルーム。この上なく優雅な19世紀のドレスが1906年のトランクと並んで展示されており、メゾンとファッションとの長きにわたる結び付きを物語ります。「 スティーマー・バッグ」をはじめ、「スピーディ」、「ノエ」そして「ツイスト」にいたるルイ・ヴィトンの最も象徴的なバッグや、メゾンのアンバサダーを務めるアリシア・ヴィキャンデル、エマ・ストーン、岩田剛典、広瀬すずをはじめ、Kōki,、宮脇咲良、YUTA(NCT 127)など世界で活躍するセレブリティたちの写真が壁一面に展示され、来場者の目を釘付けにすることでしょう。次の展示ルームでは、アイコニックな「ワードローブ・トランク」から「スケートボード・トランク」、1920年代の「カー・トランク」や2020年代の「ルイ・ヴィトン 2054」コレクションのテントに変身するレインコートまで、ラゲージのタイポロジーの開発に大きく貢献したルイ・ヴィトン製品の数々が集結。また、メゾンを象徴するアイコニックな「 モノグラム」をインタラクティブにご体感いただける展示ルームも。

この記事の画像

「160余年におよぶルイ・ヴィトンの歴史を巡る旅。巡回展「SEE LV」が東京ミッドタウン 芝生広場で7月8日から開催」の画像1 「160余年におよぶルイ・ヴィトンの歴史を巡る旅。巡回展「SEE LV」が東京ミッドタウン 芝生広場で7月8日から開催」の画像2 「160余年におよぶルイ・ヴィトンの歴史を巡る旅。巡回展「SEE LV」が東京ミッドタウン 芝生広場で7月8日から開催」の画像3 「160余年におよぶルイ・ヴィトンの歴史を巡る旅。巡回展「SEE LV」が東京ミッドタウン 芝生広場で7月8日から開催」の画像4
「160余年におよぶルイ・ヴィトンの歴史を巡る旅。巡回展「SEE LV」が東京ミッドタウン 芝生広場で7月8日から開催」の画像5 「160余年におよぶルイ・ヴィトンの歴史を巡る旅。巡回展「SEE LV」が東京ミッドタウン 芝生広場で7月8日から開催」の画像6 「160余年におよぶルイ・ヴィトンの歴史を巡る旅。巡回展「SEE LV」が東京ミッドタウン 芝生広場で7月8日から開催」の画像7