プロ3×3バスケットボールプレイヤー 落合知也がプロジェクト設立『WORMAiD』記者発表

プロ3×3バスケットボールプレイヤー 落合知也がプロジェクト設立『WORMAiD』記者発表

本日12月27日(日)、新木場F1 (エフワン)スタジオにて、プロ3×3(スリー・エックス・スリー)バスケットボールプレイヤー 落合知也(おちあい ともや)が設立したプロジェクト『WORMAiD(ワームエイド)』の記者発表が行われ、WORMAiD創設者の落合知也とSNSでバスケ女子として話題の現役女子大生 すみぽんが登壇。司会を青木源太が務めた。

『WORMAiD』とは

『WORMAiD』は、クリニック、アカデミー、大会の開催などを通して、3×3バスケットボール日本代表クラスの技術を持つ落合知也の経験や知識を子どもたちに注ぎ込み、次世代のオリンピアを育成していこうというプロジェクト。技術だけではなくメンタルの教育も含めて、子供達を世界レベルへと促進し、心・技・体をプロフェッショナルに磨くプログラムを想定している。

プロジェクト創設の経緯として、日本で唯一のプロ3×3バスケットボールプレイヤー落合知也が、これまで3×3バスケットボールで培った経験や想いを未来ある子供達に伝えていきたい、自分も現役でプレイしながら子供達と一緒に夢を追いかけたいという思いで設立した。

プロ3×3バスケットボールプレイヤー 落合知也がプロジェクト...の画像はこちら >>

「WORMAiD」という名前に込められた思い

記者発表では、まず落合知也とプロジェクトでコーチを務める高橋直也(たかはしなおや)が登場。司会の青木から「WORMAiD」というプロジェクトの名前に込められた意味を尋ねられた落合は、「ストリートバスケを始めた時に、(自身が)昔から尊敬する元NBAプレイヤー・デニスロッドマンから継承した愛称”WORM(ワーム)”という名前と、援助や支援という意味の”aid(エイド)”を掛け合わせた言葉で、ストリートから世界に挑戦していった自分のように、トップエリートでなくても世界に挑戦できることを示したくてこの名前にしました。」と説明。また、落合は「国内では5人制バスケットボールよりも知名度の劣る3×3で、自分が結果を残すのはもちろん、WORMAiDを通して、若いバスケットボールプレイヤーやその親御さんたちに魅力を伝えていきたい。」とプロジェクトへの意気込みを語った。


当時の記事を読む

FINEPLAYの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「バスケットボール」に関する記事

「バスケットボール」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「バスケットボール」の記事

次に読みたい「バスケットボール」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月4日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

  1. バスケットボール B.LEAGUE.
  2. バスケットボール 日本代表

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。