ニゴイがルアーで釣れちゃうってホント?その生態や釣り方を徹底チェック

ニゴイがルアーで釣れちゃうってホント?その生態や釣り方を徹底チェック

河川や池でバス釣りをしていると、たまにブルーギルが掛かってきます。

そういうこともあるよな!と余裕の態度でリールハンドルを回していたら、いきなりとんでもない引きに襲われることが!

なにこれ、めっちゃ細長いからバスじゃないんだけど!?

釣り上げてみたら、一対のヒゲが口から伸びているニゴイでした。

ここでは、淡水エリアで結構釣れるニゴイについて、詳しく掘り下げてみましょう。

目が下向き加減で、ちょっぴり怖いんですよね、、

ニゴイとは

ニゴイとは、コイ目コイ科カマツカ亜科に属する淡水魚のことです。

コイと比較すると、そこまで丸々と太ってしまうタイプではありません。

スリムで頭が大きく、背びれが申し訳なさそうに小さく突き出ているのが特徴ですね。

ウロコ模様はハッキリ浮かび上がっていて、泳ぎも速めに感じます。

コイは何でも食べる雑食性ですが、ニゴイは小魚などを好むフィッシュイーター。

なので餌釣りよりも、ルアーをキャストしてリトリーブしていると、食い付いてくることが多いですよ。

生息域は、本州全域や四国・九州と範囲が広く、河川などの流れのあるところを中心に、池・湖でもその姿を見かけることがあります。

体長は大きくなると、軽く60~70センチ近く成長するものも。

当然フックに掛かると、強烈な引きでロッドをへし曲げてくれるファイターでもあります。

産卵時期は、毎年4月から。

コイやバスと重なるか、少し遅めのイメージですが、浅瀬を中心に産卵していることが多いですね。

藻や水草を食べることもあり、その稚魚も浅瀬で見かけることが増えてきますよ。

体力はかなり保持しているようで、一度徹底して釣ってみたことがあるのですが、季節によって居付く層が変わったりするので、ルアー釣りのターゲットとして面白い存在といえるでしょう。

「でもあのギョロリとした目つきが嫌だなぁ~、、」

確かに独特の目元をしているので、何匹が釣って慣れるしかないでしょう。


当時の記事を読む

FISHING JAPANの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース オリジナルの主要ニュース

もっと読む

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2021年1月14日のスポーツ総合記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。