小型クーラーボックスはどれを選べばいいの?おすすめアイテムをチェック
拡大する(全14枚)
クーラーボックスのアップ写真

アウトドアブームの真っ最中ですから、関連アイテムの情報にも注目が集まっています。

中でも気になるのが、小型サイズのクーラーボックス。

手軽に持ち出せるので、釣りや野球などのイベントに引っ張りだこです。

ここでは、扱いやすい小型クーラーボックスの特徴や魅力・選び方についてご紹介しましょう。

小型クーラーボックスの種類にはどんなものがあるの?

小型クーラーボックスの外観に注目してみましょう。

ガッチリとした硬いイメージのハードタイプと、カンタンに折り畳めてしまいそうなソフトタイプの2種類が用意されています。

保管するのにスペースを取らないのはソフトタイプのようですが、しっかり冷やしてくれるのはハードタイプになるのでしょうか。

それとも最新のものは、どちらもよく冷えるように作られているのでしょうか。

どのようなアウトドアイベントで使うかによっても、選択するタイプが変わってきそうです。

それでは、小型クーラーボックスのハードタイプからチェックしましょう。

●小型クーラーボックス・ハードタイプ

硬い樹脂製や金属製のものがラインナップされているハードタイプの小型クーラーボックスは、密閉性が高いのが特徴です。

上フタがしっかり閉まるものがほとんどで、頼りになる保冷力を保持しています。

1泊2日程度のキャンプイベントなら、余裕で氷を解かさずキープできるものがあります。

となると、キャンプで用いる野菜やお肉などの食材を保管しておくのに便利でしょう。

剛性・耐久性が備わっているので、上フタに座れるくらい丈夫なものも販売されています。

ダイワやシマノなど、釣具メーカーからリリースされているハードタイプには、座れるものが多いです。

ウエイトは軽めですが、ソフトタイプと比較すると、重くなるのは否めません。

容量別に豊富にラインナップされているので、購入の際に必ず確認しましょう。

例えば、5Lの容量があれば、350mlの缶飲み物を6本、500mlのペットボトルなら4本は入るでしょう。

12L容量のクーラーボックスなら、350ml缶で9本程度、500mlペットボトルで6本は入れることができます。

必ずアウトドアショップや釣具店へ出向いて、実際のサイズを目で見てから購入することをおすすめします。

決めかねる場合は、実物を触ってから自宅に戻って検討し、ネット通販サイトでポチッ!でOKでしょう。


この記事の画像

「小型クーラーボックスはどれを選べばいいの?おすすめアイテムをチェック」の画像1 「小型クーラーボックスはどれを選べばいいの?おすすめアイテムをチェック」の画像2 「小型クーラーボックスはどれを選べばいいの?おすすめアイテムをチェック」の画像3 「小型クーラーボックスはどれを選べばいいの?おすすめアイテムをチェック」の画像4
「小型クーラーボックスはどれを選べばいいの?おすすめアイテムをチェック」の画像5 「小型クーラーボックスはどれを選べばいいの?おすすめアイテムをチェック」の画像6 「小型クーラーボックスはどれを選べばいいの?おすすめアイテムをチェック」の画像7 「小型クーラーボックスはどれを選べばいいの?おすすめアイテムをチェック」の画像8
「小型クーラーボックスはどれを選べばいいの?おすすめアイテムをチェック」の画像9 「小型クーラーボックスはどれを選べばいいの?おすすめアイテムをチェック」の画像10 「小型クーラーボックスはどれを選べばいいの?おすすめアイテムをチェック」の画像11 「小型クーラーボックスはどれを選べばいいの?おすすめアイテムをチェック」の画像12
「小型クーラーボックスはどれを選べばいいの?おすすめアイテムをチェック」の画像13 「小型クーラーボックスはどれを選べばいいの?おすすめアイテムをチェック」の画像14