進化を感じた格闘ゲームの祭典「EVO Japan 2020」オーガナイザーの藤澤孝史氏に話を聞いてみた

進化を感じた格闘ゲームの祭典「EVO Japan 2020」オーガナイザーの藤澤孝史氏に話を聞いてみた

2020年1月24日から27日の3日間、日本での開催は第3回目となる日本最大級のeスポーツイベント「EVO Japan 2020」が幕張メッセで開催された。
(ファングラーゲームズではカメラマン達が全日取材に行き、現在現像やレタッチ作業に尽力中)



回を重ねるごとに、どう大会が変化してきたか、オーガナイザーの藤澤孝史氏に話を伺うことができました!


運営をスムーズにするための工夫とチャレンジ

─ 大会となるといかに運営をスムーズにするかということが重要かと思います。今回はどういう工夫をされましたか?

第2回の福岡に比べて今回の会場は広くなりましたが、ラスベガスのEVOと比較すると、参加人数と比較してまだまだスペースが狭いので、いかに混雑を緩和する運営をするかがポイントでした。



例えば、前回は有名選手が対戦したりしていると、必然的に対戦している台のまわりに観戦者のひとだかりができてしまい、混雑の原因となっていた。
今回は対戦している島を柵とロープで囲んで、対戦者以外は入れないようにしたのです。


進化を感じた格闘ゲームの祭典「EVO Japan 2020」オーガナイザーの藤澤孝史氏に話を聞いてみた

また、EVOでは複数タイトルを同時進行しているのですが、人だかりを緩和するために、WAVEごとの進行時間帯をずらして、会場全体で人が分散するようなスケジュール組みを行いました。


進化を感じた格闘ゲームの祭典「EVO Japan 2020」オーガナイザーの藤澤孝史氏に話を聞いてみた



─ スムーズな運営を行うにあたって難しかったところを教えてください

参加人数が読めないところが大きなチャレンジとなっています。
トーナメントタイトルの発表タイミングも異なりますし、事前にある程度は予想しておいても、蓋を開けてみないと実際何名参加するか読めません。別途予選をやって、本戦のみの大会であれば(競技に参加する)人数は読めますし、配置もしやすいと思います。


あわせて読みたい

funglr Gamesの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「格闘ゲーム + アプリ」のおすすめ記事

「格闘ゲーム + アプリ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「格闘ゲーム」のニュース

次に読みたい関連記事「格闘ゲーム」のニュースをもっと見る

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月3日のゲーム記事

キーワード一覧

  1. 格闘ゲーム アプリ

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。