2Dコンセプトアートや3Dモデリングを制作する「Immortals Studios」のAlex Riabov氏にインタビュー! TGS2023訪問の目的を聞いてみた

2023年9月21日(木)~24日(日)まで開催された「東京ゲームショウ2023」(以下 TGS2023)にて、「イモータル・スタジオ(Immortals Studios)」(以下、Immortals Studios)の最高事業開発責任者を務めている「アレックス・リアボフ(Alex Riabov)」氏にインタビューを行いました!
TGS2023を訪れた目的や日本のゲーム市場についてお話いただきましたのでお届けします。


「Immortals Studios」のアレックス・リアボフ氏にインタビュー!

2Dコンセプトアートや3Dモデリングを制作する「Immortals Studios」のAlex Riabov氏にインタビュー! TGS2023訪問の目的を聞いてみた

― まず、自己紹介と「Immortals Studios」について教えてください。

Immortals Studiosで最高事業開発責任者を務めている「アレックス・リアボフ(Alex Riabov)」です。


私たちは、アーティスト、3Dモデラー、プロジェクトマネージャーなど、約120人の活気ある集団で、ビジュアル的に魅力的なゲームを作るという同じ目標に向かって働いています。
私たちの会社は約5年前に誕生し、最初のオフィスは中国の西安にありました。
1年前、私たちは成長する時が来たと判断し、マレーシアのクアラルンプールに新しい支社を開設しました。



私たちの最もクールな点は、国際色豊かなところです。
私たちのチームは7カ国語以上を話すので、世界中のさまざまな地域のクライアントと仕事ができます。
幸運なことに、NetEase、Tencent、Ubisoft、Hi-Rez、tinyBuildのような大企業と仕事をすることができました。



私たちの最もクールな点は、国際色豊かなところです。
私たちのチームは7ヶ国語以上を話すことができ、世界のさまざまな地域のクライアントと仕事をすることができます。
幸運にも、NetEase、Tencent、Ubisoft、Hi-Rez、tinyBuildといった大手企業と仕事をすることができましたし、今はチームのほとんどがBlizzardの「Diablo 4」のプロジェクトに深く関わっています。


2Dコンセプトアートや3Dモデリングを制作する「Immortals Studios」のAlex Riabov氏にインタビュー! TGS2023訪問の目的を聞いてみた
「Immortals Studios」のオフィス

― 御社の得意分野、スタイル、アピールポイントを教えてください。

ゲームアートに関しては、「Immortals Studios」はオールインワンのツールキットです。
2Dや3Dのアートアセットから、複雑なレベルデザイン、流れるようなアニメーション、そしてVFXまで、様々なサービスを専門としています。


長年に渡り、私たちが手掛けたことのないスタイルやジャンルを見つけることは難しく、クライアントの多様なニーズに応えるため、可能な限り多くの分野をカバーすることを目指しています。



私たちの能力は多岐にわたりますが、そのアプローチは非常に組織的です。
ジャンルやスタイルによって担当する部門が異なるため、それぞれのプロジェクトにふさわしい集中的かつ専門的な対応が可能です。
このような組織的な仕事の進め方によって、私たちは各ジャンルに深く入り込み、混ざり合ったり重複したりすることなく、柔軟性と規律を兼ね備え、このペースの速い業界において私たちを際立たせているのです。


2Dコンセプトアートや3Dモデリングを制作する「Immortals Studios」のAlex Riabov氏にインタビュー! TGS2023訪問の目的を聞いてみた
Environment concept

― なぜ西安とクアラルンプールにオフィスがあるのですか?

西安とクアラルンプールにオフィスを構えたのは、かなり戦略的な理由があります。
西安は中国の歴史に彩られた都市であるだけでなく、芸術的才能の中心地でもあります。
そして西安は中国の歴史に彩られた都市であるだけでなく、芸術的才能の中心地でもある。


芸術大学がひしめき合い、信じられないほどの技術を持ったクラシックやデジタルのアーティストを輩出しています。



一方、クアラルンプールは近代的で賑やかな都市というだけでなく、ハイテクとゲームのホットスポットでもあります。
この街は、トップクラスのアニメアカデミーや学校があることで有名です。
さらに、ソニー・プレイステーション、バンダイナムコ、ラリアン・スタジオといった業界の大物と隣同士であることは、刺激に他なりません。



一言で言えば、西安には深く根ざした芸術文化があり、クアラルンプールには先進的で技術に精通した環境があるということです。
深い芸術的ルーツと未来を見据える鋭い目を持つチームです。


2Dコンセプトアートや3Dモデリングを制作する「Immortals Studios」のAlex Riabov氏にインタビュー! TGS2023訪問の目的を聞いてみた
ENVIRONMENT MODELING

― それぞれの場所の特徴や魅力を教えてください。

西安とクアラルンプールにはそれぞれ独特の雰囲気があり、それが私たちの仕事に影響を与え、創造力を刺激してくれます。
西安では、兵馬俑と基本的に隣り合っています。
しかし真面目な話、西安の古代の名所や歴史的な雰囲気は、なぜ芸術がこれほど重要なのかを日々思い起こさせてくれます。
私たちのオフィスのすぐ外で歴史の授業を受けているようなもので、それは私たちのアーティストにとってかなり壮大なインスピレーションとなっています。



さて、クアラルンプールはまったく別物です。


オフィスから外に出て、ペトロナス・タワーのような超高層ビルが立ち並ぶスカイラインが迎えてくれると想像してみてください。
毎日、SF映画の中に入り込んだような気分になるでしょう。
私たちはハイテク新興企業やゲーム大手に囲まれているため、ここでは境界を押し広げ、既成概念にとらわれない発想が求められます。
食のジェットコースターのようなもので、想像力と同様に味覚も刺激されます!


― TGS2023の目的は何ですか?

東京ゲームショウへの出展は、私たちにとって画期的なことです。
東京に来るのは初めてですし、期待も高まっています。
ビジネスとゲームへの愛が混在しています。
自分たちのスキルを披露したいのはもちろんだが、憧れのゲームの開発者たちに会いたい気持ちも同じです。


TGSは、ゲーム開発者にとってのオリンピックのようなもので、プロジェクトだけでなく、それを実現する人々も含めて、最高のものを見つけることができる場所です。
私たちは潜在的なパートナーやクライアントを探していますが、業界の友人を作ることにも同じようにワクワクしています。
ゲームの世界は狭いもので、今日の知り合いが明日の大ヒットゲームの協力者になることもあるのですから。


― 今回の訪問はいかがでしたか?

TGSに参加したことで、日本のゲーム界のレジェンドたちがクリエイティビティの舞台で一騎打ちを繰り広げる、別世界に足を踏み入れたような気分になりました。
正直なところ、E3の栄光の日々にフラッシュバックしたかのようです。
どこを見渡しても、目を見張るような展示やステージがあり、まるでゲームの巨人たちの戦いのようでした。
単なる見本市ではなく、本格的なエンターテインメントの祭典でした。



しかし、太陽と虹ばかりではなかったです。
ビジネスミーティングゾーンは、まるで継ぎ目からはじけ飛ぶようでした。
TGSは今年、自らの成功の犠牲者となったのでしょう。
メディアやインフルエンサーなど、より多様な人々に門戸を開いたことは、業界にとって素晴らしいことです。
我々業界人からしたら、丸い穴に四角い釘をはめ込もうとしているような感じでした。
今後の開催では、プロフェッショナルの増加に対応できるよう、ビジネスミーティング・エリアの規模を拡大することを望みます。


2Dコンセプトアートや3Dモデリングを制作する「Immortals Studios」のAlex Riabov氏にインタビュー! TGS2023訪問の目的を聞いてみた
会議の様子

― 日本のゲーム市場についてどう思いますか?

日本のゲームシーンは、我々にとって金字塔のようなものだ。
フロム・ソフトウェアの「DARK SOULS」は大ファンです。
確かに難易度は高いけど、「やった! やったぞ!」という瞬間を味わえます。
ただ挑戦させるのではなく、考えさせ、適応させ、向上させる。ゲームとはそういうものではないでしょうか。



日本のゲームがいかに緻密で感情豊かかという話をよく耳にします。
それは間違っていないです。日本のゲームをプレイするとき、ただボタンを押すだけでなく、まったく新しい世界に入り込み、プレイをやめた後もずっと心に残るストーリーやキャラクターがあります。



そう、日本は楽しいだけでなく、記憶に残るゲームの作り方を知っています。
技術的な面だけでなく、こうしたタイトルを作るための芸術性においても、彼らは高いハードルを設定しているのでしょう。


― 現在、力を入れているゲームビジネス、ジャンル、日本のコンテンツについて教えてください。

私たちは、文字通りの意味でも、比喩的な意味でも、様々なタイプのゲームに取り組んでいます。
ペースの速いアクション・アドベンチャーから、静かでセリフの多い、人生について考えさせられる旅まで。
日本のゲームシーンについて語るなら、個人的にはそこがスイートスポットです。
フロム・ソフトウェアやスクウェア・エニックスのようなスタジオに夢中です。
だから、それに近いプロジェクトでコラボレーションする機会があれば、大喜びですね。



「Immortals Studios」に関しては、私たちはまさに何でも屋です。
最近の主な仕事はAAAタイトルの制作です。
しかし、誤解しないでください。
私たちは、有名タイトルであろうとインディーズタイトルであろうと、限界に挑戦するプロジェクトに参加しています。
私たちにとって重要なのは、本当に心に響くゲームへの情熱であり、プレイヤーがただプレイするだけでなく、話題にし、分析し、記憶に残すようなタイトルです。
そのようなプロジェクトがあれば、ぜひお聞かせください。


―「Immortals Studios」のビジョンと求めるビジネスパートナーについて教えてください。

私たちが目指しているのは、ゲーム開発マシンのもうひとつの歯車になることではありません。
トレンドを作り、新境地を開拓し、もしかしたら “最先端”とされるものを再定義したいのです。
ゲームの中で、“どうしてこんなことができるんだろう?”と驚くような瞬間がありますよね。
それが私たちの目指すところです。
しかし、このような夢は一人では実現できません。
私たちは、私たちと同じように野心的で大胆なパートナーを探しています。



また誤解しないでほしいのは、私たちは他のスタジオと同様に安定性を重視しているということです。
私たちの夢は、プロジェクトの初期段階から参加し、開発からリリースまでずっとショットガンに乗り、理想的にはその後もパートナーシップを維持することです。
私たちはアートアセットの話だけでなく、9つのヤードのすべてに取り組んでいます。
専門的なトレーニングのためにチームを日本に派遣する必要がありますか?もちろんです。
あなたのビジョンに合うようにパイプラインを微調整したい?私たちは柔軟に対応します。
私たちは、お客様のビジョンに合ったパイプラインの調整が必要であれば、柔軟に対応させていただきます。


2Dコンセプトアートや3Dモデリングを制作する「Immortals Studios」のAlex Riabov氏にインタビュー! TGS2023訪問の目的を聞いてみた
「Immortals Studios」で働く社員の皆様

― 最後に読者へのアピールをお願いします。

ゲーム愛好家の皆さん、業界仲間の皆さん、こんにちは!
もしあなたが最新のゲームメカニクスに熱狂していたり、狂気のボス戦に絶賛しているなら、あなたは私たちの仲間です。
イモータル・スタジオでは、あなたが新しい世界を探検したり、不可能なレベルに打ち勝ったりするのと同じくらい、私たちも衝撃的なアートを作り上げることに情熱を注いでいます。
そこで、ゲーマーやゲーム愛好家の皆さんにメッセージを送ります。
レベルを上げ続け、ハイスコアを追い求め、そして最も重要なことは、夢を見続けることです。
なぜなら、誰にもわからないからだ。次の画期的なゲームには、あなたの名前が書かれているかもしれないし、少なくとも、イモータルズの魔法で命を吹き込まれるかもしれないのだから。


― その他、私たちに伝えたいことがあれば、遠慮なく書いてください。

ここまで読んでくれたあなたは、明らかに興味があるか、先延ばしにしているか、あるいはその両方かもしれません!
私たちが伝えたいことは、ゲームの世界はサンドボックス(砂場)であり、私たちは皆、その中のプレイヤーなのだ。
アイデアは積み木であり、会話はその積み木を行動に移すためのマウスのクリックです。
だから、共有したくてウズウズしているコンセプトがあるなら、あるいはゲームの最新・最高について気軽におしゃべりしたいだけでも、私たちに連絡してください。
ナプキンに書いた落書きでも、300ページの設計書でも構いません。
結局のところ、ゲームにおける次の大きなイノベーションは、シンプルな「こんにちは」から始まる可能性があるのです。
DMであれ、Eメールであれ、私たちはそれに取り組んでいます。
1ピクセルずつ、素晴らしいものを作っていきましょう!


アレックス・リアボフ氏のインタビューをお届けしました!

2Dコンセプトアートや3Dモデリングを制作する「Immortals Studios」の最高事業開発責任者を務めている、アレックス・リアボフ(Alex Riabov)氏のインタビューをお届けしました!
中国の西安とマレーシアのクアラルンプールに支店を置く理由や、日本のゲーム市場についてなど興味深い話を聞くことができました。
これまでNetEase、Tencent、Ubisoft、Hi-RezとtinyBuildといった大手ディベロッパーのプロジェクトに携わってきた「Immortals Studios」ですが、今後の日本への展開や動向に注目です。
「Immortals Studios」の公式サイトではこれまで作成してきた作品の数々も公開されていますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。


© 2018-2022 immortals