京都・鴨川のほとりのアートスペース<kōjin kyoto>で、光をテーマにした展覧会開催
拡大する(全11枚)
sub4

京都・鴨川のほとり、東山を望み大文字を眺めることのできる特等席で、最先端のアートを楽しもう。

6月22日(水)まで、京都市上京区のアートスペース“kōjin kyoto”において、国内外から3人のアーティストを招き、光をテーマにした展覧会「ゆらぐ be with light」を開催。キュレーションは森美術館特別顧問の南條史生氏が手がける。

京都・鴨川のほとりのアートスペース<kōjin kyoto>...の画像はこちら >>

国内外から参加、3人の注目アーティスト

まずは3人のアーティストを紹介したい。

1人目は、近年、活躍がめざましいメディアアーティストの落合陽一氏。「Study:大阪関西国際芸術祭」で発表し注目を集めた《Re-Digitalization of Waves》などを出展する。

京都・鴨川のほとりのアートスペース<kōjin kyoto>で、光をテーマにした展覧会開催

落合陽一(photo:蜷川実花)

2人目はドイツ出身のレギーネ・シューマン氏。代表的な蛍光顔料を混入させた特殊なアクリル板を使った作品群に加え、「フルオ・カット」シリーズを出展する。

京都・鴨川のほとりのアートスペース<kōjin kyoto>で、光をテーマにした展覧会開催

レギーネ・シューマン(photo:©Rebecca Peetz)

そして横山奈美氏は、ネオンをモチーフに、ガラス管や背後に存在する配電線、フレームまで克明に描く代表作品「ネオン」シリーズの新作を発表予定とのこと。

京都・鴨川のほとりのアートスペース<kōjin kyoto>で、光をテーマにした展覧会開催

横山奈美

キュレーター・南條史生氏によるステートメント

以下に、開催に向けて、キュレーターを務める南條史生氏から寄せられたステートメントを紹介する。

旧約聖書の創世記第1章3節に、「神は 光あれ と言われた。すると光があった。神はその光を見て、良しとされた。神は光とやみとを分けられた。」とある。光が始まりである。


この記事の画像

「京都・鴨川のほとりのアートスペース<kōjin kyoto>で、光をテーマにした展覧会開催」の画像1 「京都・鴨川のほとりのアートスペース<kōjin kyoto>で、光をテーマにした展覧会開催」の画像2 「京都・鴨川のほとりのアートスペース<kōjin kyoto>で、光をテーマにした展覧会開催」の画像3 「京都・鴨川のほとりのアートスペース<kōjin kyoto>で、光をテーマにした展覧会開催」の画像4
「京都・鴨川のほとりのアートスペース<kōjin kyoto>で、光をテーマにした展覧会開催」の画像5 「京都・鴨川のほとりのアートスペース<kōjin kyoto>で、光をテーマにした展覧会開催」の画像6 「京都・鴨川のほとりのアートスペース<kōjin kyoto>で、光をテーマにした展覧会開催」の画像7 「京都・鴨川のほとりのアートスペース<kōjin kyoto>で、光をテーマにした展覧会開催」の画像8
「京都・鴨川のほとりのアートスペース<kōjin kyoto>で、光をテーマにした展覧会開催」の画像9 「京都・鴨川のほとりのアートスペース<kōjin kyoto>で、光をテーマにした展覧会開催」の画像10 「京都・鴨川のほとりのアートスペース<kōjin kyoto>で、光をテーマにした展覧会開催」の画像11