【追憶ゲーマー】『絢爛舞踏祭』(2005年)―AIと織り成す妄想SFライフ

【追憶ゲーマー】『絢爛舞踏祭』(2005年)―AIと織り成す妄想SFライフ
【追憶ゲーマー】『絢爛舞踏祭』(2005年)―AIと織り成す妄想SFライフ
       
本当に夢中になったゲームの体験は、若かりし頃でも、たとえ幼少時代のことであっても、記憶に深く刻まれています。祖母とゲーム屋に並んだ発売日、一緒にプレイしたクラスメートの笑顔、家族に隠れてこっそり遊び続けた日々……。そうした当時の出来事も、まるで昨日のことのように鮮明に思い出せるものです。

本企画「追憶ゲーマー」では、そんなゲーマーの記憶に秘められた過去の“思い出話”を、Game*Sparkとインサイドのライターが連載形式でお届けしていきます。

今回は2005年7月7日に発売された『絢爛舞踏祭』です。

タイトル:『絢爛舞踏祭』
機種:PlayStation 2
発売日:2005年7月7日
販売元/開発元:旧ソニー・コンピュータエンタテインメント / アルファ・システム(企画) / プロキオン(開発)
ジャンル:リアルタイム・ドラマシミュレーション
公式サイト:http://www.jp.playstation.com/software/title/scps15085.html

―『ガンパレ』を受け継ぐ“ドラマシミュレーション”
『絢爛舞踏祭』のシステムは、伝説的SLG『ガンパレード・マーチ』(2000年発売)のシステムを更に進化させたもの。仲間のNPC達がそれぞれ目的を持って行動する中で、プレイヤーはそこに介入したりしなかったりと、自由なプレイングを楽しめるのが特徴でした。

筆者は『ガンパレ』をリアルタイムで遊ぶ機会を逃していたのですが、当時覗いていたゲームコミュニティーやファンサイトで「あのガンパレの後継作!」と大騒ぎされていたのを強く覚えています。NPCと物語を紡ぐゲーム性、そしてプレイ日記シーンの当時の盛況は『ガンパレ』人気を彷彿とさせ、大作ゲームとは一線を画したカルトな盛り上がりがにわかに感じられました。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「プレイステーション」のニュース

次に読みたい関連記事「プレイステーション」のニュースをもっと見る

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年10月3日のゲーム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。