『ゲーム19XX~20XX』番外編:過去5回の年に発売された個性豊かな5本の名作ゲームを紹介

『ゲーム19XX~20XX』番外編:過去5回の年に発売された個性豊かな5本の名作ゲームを紹介
『ゲーム19XX~20XX』番外編:過去5回の年に発売された個性豊かな5本の名作ゲームを紹介
ある1年をテーマに、その年に話題となったゲームを当時の出来事とともに振り返る『ゲーム19XX~20XX』。今回は番外編として、これまでの回ではあまり触れられなかったタイトルを第1回の1989年から順に1本ずつピックアップして紹介していきます。それではさっそくどうぞ!

ドラゴンスレイヤーVI英雄伝説
(第1回「1989年」より)
発売日:1989年12月10日
機種:PC
発売元:日本ファルコム

日本のゲーム史において、日本ファルコムは異彩を放つ存在です。80年代のゲーム黎明期からパソコン市場をメインに活動を続け、『イース』シリーズをはじめとする、さまざまな名作をリリース。大手ゲームメーカーのようなハデさはないものの、今なお多くのファンに愛されるメーカーであり続けています。『ドラゴンスレイヤー』は、そんなファルコムを代表する人気シリーズのひとつで、本作はその6作目にして『英雄伝説』シリーズの第1作目になります。

中世ファンタジー風の世界を舞台としたRPGです。フィールドは2D見下ろしタイプで戦闘システムはコマンド選択型。オーソドックスな誰でも楽しめるタイプのRPGと言えるでしょう。しかし、それまでの『ドラゴンスレイヤー』シリーズは、歯応えのある独特のシステムや高難度の謎解きがウリとなっていて、決して万人向けではありませんでした。いわば大幅に方針転換したわけで、当時のファンはかなり面食らったものです。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る 2019年1月6日のゲーム記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。