ついてこい、人類。―VTuberがランウェイを歩く「FAVRIC」が提示したバーチャルライブの光明とは?【イベントレポ】

ついてこい、人類。―VTuberがランウェイを歩く「FAVRIC」が提示したバーチャルライブの光明とは?【イベントレポ】
ついてこい、人類。―VTuberがランウェイを歩く「FAVRIC」が提示したバーチャルライブの光明とは?【イベントレポ】
「世界初!VTuberがランウェイを歩く日」

9月29日に幕張メッセ(9・10ホール)にて催されたVTuberによるファッション×音楽イベント「FAVRIC」。キャッチな上記コピーを引っ提げ、怒涛のごとくVTuber×音楽イベントがひしめいた令和元年の夏を締めくくった本公演は、会場で5,100人もの観客を熱狂させ、ニコニコ生放送の視聴者数はイベント終了時点で約8万人、Twitter上の総ツイート数も優に11万を超え(日本トレンド1位と世界トレンド2位)を記録しました。

巨大なスクリーンに加え、観客席へせり出したランウェイにLEDパネル15基が配置されたステージで、ミライアカリ、電脳少女シロ&アイドル部、ピンキーポップヘップバーン、MonsterZ MATE、YuNi、KMNZ、樋口楓、花譜、EGOISTといった錚々たる出演者が、従来のVTuberライブとは一線を画す空間的なパフォーマンスを披露。

場内には、メインほか「Rookie's Runway」枠の出演者に向けて贈られた沢山のフラスタが飾られていた
本イベントが謳い、多くの人が興奮を覚えた「FASHION」「MUSIC」「VR」の融合とはどういうものだったのか。本稿では、その一部始終をしたためたレポートを紹介します。

◆開幕ミライアカリ節。天真爛漫なDJパフォーマンス

来場者の誘導が間に合わず、約40分押しで幕を開けた「FAVRIC」。Twitterでは印象的なキャッチフレーズ「ついてこい 人類。」を揶揄した「待ってくれ、人類。」ツイートが散見され始めていたものの、オープニングDJとしてミライアカリが登場すると、一気に会場はサイリウムのブルーと歓声に包まれます。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年10月2日のゲーム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。