Live2D Creative Studioによる「ヒーローベータ」解説―最先端のLive2D表現はこう作られた【alive2019】

Live2D Creative Studioによる「ヒーローベータ」解説―最先端のLive2D表現はこう作られた【alive2019】
Live2D Creative Studioによる「ヒーローベータ」解説―最先端のLive2D表現はこう作られた【alive2019】
2019年11月25日にLive2Dのクリエイター向けイベントである「alive2019」が開催されました。今回のイベントではLive2Dが擁する映像制作チーム「Live2D Creative Studio」による最新映像作品「ヒーローベータ」の技術的な解説が行われました。

「ヒーローベータ」は、イラストレーターである南野あき氏の原画の作風を活かし、そのままのタッチで映像化したものです。架空の映画予告風CMとして制作された作品ですので本編は存在していませんが、その世界設定やキャラクターの背景などは丁寧に用意されています。ちなみに、インサイドでは本作に関わるインタビューを掲載しています。こちらも合わせてどうぞ。

インタビュー:Live2Dの次なる挑戦「ヒーローベータ」は如何にして作られたか
解説では、制作手法の解説として監督の雲井聖司氏が登壇。Live2D Creative Studioが過去に公開した「The LampMan」「Beyond Creation」両作にも関わられています。

まずは南野あき氏のイラストを映像として再解釈する、という工程からはじまります。特徴的な「もやもやしたテクスチャ」にはどのような効果があるのかを分析し、これらは質感とハイライトの両側面を持つものと解釈したそうです。

映像として表現する上で、この「もやもやしたテクスチャ」をどのように動かすべきなのかは、イラストだけでは判断できません。そこで、テクスチャを固定(キャラが動いても追従しない)にするか、キャラクターに沿わせるかでそれぞれ叩き台を作って比較しています。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2019年12月2日のゲーム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。