2020年は3つの「7」が発売!『FF7』『龍が如く7』『遙かなる時空の中で7』それぞれの魅力と共通点を探る

「7」という数字は、色々な数字の中でもどこか特別な感じがします。ラッキーセブンをはじめ、七福神、一週間は七日、七つの大罪、北斗七星、「007」、「七人の侍」、「ウルトラセブン」、「ドラゴンボール」の七星球や「ワンピース」の王下七武海など、何かの名称にもよく入っている数字ですよね。

なぜこんな話をしたのかと言うと、2020年は『FINAL FANTASY VII REMAKE』、『龍が如く7 光と闇の行方』、『遙かなる時空の中で7』と3つの「7」が発売します。ゲームは人気に伴って長期シリーズ化していきますが、ナンバリングが付いて「7」まで続いている作品はそこまで多くありません。にもかかわらず2020年は3作品もの「7」が……こんな偶然めったにない!ということで、今回はこの3作品の魅力や共通点を語っていきたいと思います。

※一部、原作となる『FF7』のストーリー展開に触れる内容がありますのでご注意ください。

◆この3つはどんな作品?
まずは『FINAL FANTASY(FF)』、『龍が如く』、『遙かなる時空の中で』がどんなゲームなのか紹介していきたいと思います。

一番歴史の長い『FF』はスクウェア(当時)から1987年にファミリーコンピューター用ソフトとして発売されました。現在シリーズは15まで発売されていますが、派生作品を含めると膨大な数のゲームが出ています。その中でも『FF7』は、1997年にPS用ソフトとして発売し、個性的なキャラクターたちによる衝撃的なストーリーで幅広いファンから人気を博しました。さらには3Dのキャラクターたちや美しいムービー、特にムービー中にキャラを動かせるといった驚きの技術が詰まった本作は、ゲーム業界へも大きな影響を与えました。

この記事の画像

「2020年は3つの「7」が発売!『FF7』『龍が如く7』『遙かなる時空の中で7』それぞれの魅力と共通点を探る」の画像1 「2020年は3つの「7」が発売!『FF7』『龍が如く7』『遙かなる時空の中で7』それぞれの魅力と共通点を探る」の画像2
編集部おすすめ

当時の記事を読む

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ファイナルファンタジー」に関する記事

「ファイナルファンタジー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ファイナルファンタジー」の記事

次に読みたい「ファイナルファンタジー」の記事をもっと見る

ゲームニュースランキング

ゲームランキングをもっと見る
お買いものリンク