『GUILTY GEAR -STRIVE-』のアクセルは弁天も当身も無いけど、遠近共に可能性の塊!端まで届く鎌閃と期待の新技で画面を制圧せよ

『GUILTY GEAR -STRIVE-』のアクセルは弁天も当身も無いけど、遠近共に可能性の塊!端まで届く鎌閃と期待の新技で画面を制圧せよ
『GUILTY GEAR -STRIVE-』のアクセルは弁天も当身も無いけど、遠近共に可能性の塊!端まで届く鎌閃と期待の新技で画面を制圧せよ
1月24日~26日に幕張メッセで開催される格闘ゲームの祭典「EVO Japan 2020」。そのアークシステムワークスブースにて、「ギルティギア」シリーズ最新作となる『GUILTY GEAR -STRIVE-』を試遊する機会がありました。

筆者は同シリーズに登場する「アクセル=ロウ」を使い続けて、もう20年以上になります。人生においてとても重要な時期である学生時代は、もっぱらFRC(通称:青キャン)と爆コンの練習に費やす青春、いえ“青爆”な日々を送りました。

そんな筆者ですから、期待の新作『GUILTY GEAR -STRIVE-』でアクセルがどんなキャラになっているのか、気になって気になって仕方ありません。そこで今回はアクセルにテーマを絞って、『GUILTY GEAR -STRIVE-』に触った感触をレポしたいと思います。限られた時間での体験ではありましたが、ぜひお付き合いください。

ぶっちゃけた話、一言でまとめると「うおお、このアクセルめっちゃ触りてえ!トレモ篭りてえ!」って感じでした。

※以下、“※”が付いている技名は、現在公開されているコマンドリストに倣っています。

画面端まで届く鎌閃撃と羅生旋を使った固めがエグい!
本作はこれまでの「ギルティギア」シリーズと比較して、ゲームシステムやキャラクターの性能が大きく変化しています。もちろんアクセルも例外ではなく、その一つとして代名詞とも言える技「鎌閃撃」が、画面端から端まで届くほどリーチが伸びていました。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「格闘ゲーム + アプリ」のおすすめ記事

「格闘ゲーム + アプリ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「格闘ゲーム」のニュース

次に読みたい関連記事「格闘ゲーム」のニュースをもっと見る

ゲームニュースアクセスランキング

ゲームランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月24日のゲーム記事

キーワード一覧

  1. 格闘ゲーム アプリ

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。