【インタビュー】インディゲーム開発者をサポートしたい!開発会社や個人クリエイターを支援するイレギュラー・コーポレーションの思いを語ってもらった

【インタビュー】インディゲーム開発者をサポートしたい!開発会社や個人クリエイターを支援するイレギュラー・コーポレーションの思いを語ってもらった
【インタビュー】インディゲーム開発者をサポートしたい!開発会社や個人クリエイターを支援するイレギュラー・コーポレーションの思いを語ってもらった
       
2020年3月5日、ニンテンドースイッチ向けに発売された推理アドベンチャーゲーム『パズル探偵スカウト 失われたデータの陰謀』。このインディゲームは、イギリスでゲームパブリッシング事業を展開するThe Irregular Corporationの日本法人である、イレギュラー・コーポレーションのアジア圏向けの初タイトルです。

キャラクターを『はーとふる彼氏』の玻都もあ氏、音楽を『逆転裁判』シリーズを手掛けた杉森雅和氏、ディレクターをイギリスのEd Fear氏が担当する日英合作プロジェクトとしても話題を集めています。

今回は、イレギュラー・コーポレーションの代表取締役であるアンドリュー・サマンスキー氏にインタビューを実施。同社が今後どのような取り組みをしていきたいかや、『パズル探偵スカウト』開発時のエピソードなどを伺いました。

■関連記事
・『パズル探偵スカウト』ドジっ子ロボットと助け合いながらパズルで事件を解決!数字パズル好きも必見【プレイレポ】
──まずは、自己紹介をお願いします。

アンドリュー・サマンスキー(以下、サマンスキー)アメリカで日本語を勉強し、19歳の時に来日して4年間上智大学に通い、日本のゲーム業界に入りました。今から17年前ぐらいですね。1社目はテクモ(現コーエーテクモゲームス)に入りまして、『NINJA GAIDEN』シリーズを制作しました。その後はマイクロソフトの外部プロデューサーとして日本向け案件のお手伝いをして、2009年にカプコンに転職、2014年にはモバイルゲームを勉強したいと思ってDeNAに入りました。その後、2019年に独立してイレギュラー・コーポレーションを立ち上げました。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「逆転裁判 + アニメ」のおすすめ記事

「逆転裁判 + アニメ」のおすすめ記事をもっと見る

「逆転裁判 + 映画」のおすすめ記事

「逆転裁判 + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「サクラ大戦」のニュース

次に読みたい関連記事「サクラ大戦」のニュースをもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年3月5日のゲーム記事

キーワード一覧

  1. 逆転裁判 アニメ
  2. 逆転裁判 映画

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。