『天穂のサクナヒメ』爽快アクションの鍵は“羽衣”にあり! ゲームで行う稲作体験は、クセになるほど充実度満点【プレイレポ】

『天穂のサクナヒメ』爽快アクションの鍵は“羽衣”にあり! ゲームで行う稲作体験は、クセになるほど充実度満点【プレイレポ】
『天穂のサクナヒメ』爽快アクションの鍵は“羽衣”にあり! ゲームで行う稲作体験は、クセになるほど充実度満点【プレイレポ】
       
ドラマティックな展開と刺激的な演出が光るSTG『アスタブリード』などの作品を放った「えーでるわいす」が手がけた最新作『天穂のサクナヒメ』が、PS4/ニンテンドースイッチ向けとして11月12日に発売を迎えます。

横スクロールの爽快アクションと、“稲作”を絡めた育成要素というユニークな切り口を持つ本作。個人的にも高い期待をしながら注視していた作品ですが、このたびリリース前にいち早くプレイする機会に恵まれました。そこで発売日に先駆け、本作の魅力やプレイ感などを今回お届けしたいと思います。

なお、今回はPS4版『天穂のサクナヒメ』のプレイレポとなります。

「羽衣」で空中を舞い、敵を翻弄! 新たな刺激で広がる爽快アクション

タイトル名にもなっている主人公・サクナヒメは、武神の父と豊穣神の母の間に生まれた神で、神族を統べる主神・カムヒツキから“お役目”を直々にいただくほどの立場にあります。

が、それはゲーム開始時点の話。恵まれた立場に胡座をかき、自堕落な振る舞いの末、事故とはいえ御饌殿の一部を焼失させるという大失態を犯してしまいます。

サクナヒメは必死に取り繕うものの、カムヒツキからは厳しい叱責か飛び、鬼が巣くう離島の調査を命じられることに。その島が、本作におけると戦いと農耕を描く舞台となります。

島の至る所には様々な鬼が徘徊しており、その戦いは全て2Dアクションで展開。サクナヒメを含むキャラクターや鬼たちのグラフィック表現は3Dですが、ゲームシステムとしては、左右の移動とジャンプを基本とする高低差のあるフィールドでのバトルとなります。
インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「プレイステーション」に関する記事

「プレイステーション」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「プレイステーション」の記事

次に読みたい「プレイステーション」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年10月31日のゲーム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。