『ゼルダ無双 厄災の黙示録』100年でハイラルの町や店はどう変わった? 『BotW』と比較!

『ゼルダ無双 厄災の黙示録』100年でハイラルの町や店はどう変わった? 『BotW』と比較!
『ゼルダ無双 厄災の黙示録』100年でハイラルの町や店はどう変わった? 『BotW』と比較!
       
『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は厄災ガノンによって滅んでしまった世界を冒険しますが、その100年前が舞台となっている『ゼルダ無双 厄災の黙示録』では破壊される前の世界を見られるのです。

もちろんゲーム内容が異なるので原作のようにじっくりと街中を眺められるわけではないのですが、それでも元のハイラルがどうなっていたのかはチェックできます。というわけで、何がどう変化したのか比較していきましょう。

◆すべてが滅んだ……わけではなかった!?
ハイラル城の南にある町は、やはりなかなか栄えていたようです。さまざまな屋台があったり、食べ物を運んだり販売していたり、噴水があったりと人々の暮らしがあることがわかりますよね。

一方、滅んだ100年後は基本的に敷かれた石畳があるくらいで、あとはちょっとの残骸が残っているだけです。さすがに滅ぼされてから100年も経ってしまうと、面影はほとんどないですね。

いてはタバンタ村のスノーホワイト。北西の寒い地域に存在している店で、品揃えはなかなかのもの。

残念ながら原作では村ごと破壊され、もはや魔物のすみかとなっているのでした。100年前のハイラルであれば、世界全体がもっとにぎやかだったのでしょうね。

続いてはゲルドの街にあるDEAR MY STAR。ここでは宝石などが売られています。

なんとこの店は原作にもほとんど同じ店が登場しています。変わっているのは暖簾くらい? 売り物も宝石からアクセサリーに変わった程度なので、100年の間、経営がうまくいったのでしょう。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年11月25日のゲーム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。