20年前の「ワンダースワンカラー新作カタログ」が面白い―今更過ぎるけど「おすすめソフト診断」を楽しむ【特集】

皆さん、ワンダースワンって知っていますか?

ワンダースワンとは、1999年にバンダイから発売された白黒画面の携帯ゲーム機です。定価は、今では信じられないほど低価格の4,800円。発売から1年後には、カラー画面に対応したワンダースワンカラーが発売されました(定価:6,800円)。

スクウェアの『ファイナルファンタジー』シリーズや『ロマンシング サ・ガ』『フロントミッション』などの名作が続々と本機に移植され、また発売当時、初代PlayStationを展開していたソニー・コンピュータエンタテインメント(現:ソニー・インタラクティブエンターテイメント)が『アークザラッド 機神復活』を手掛けるなど、ゲームタイトルも非常に盛り上がりを見せていました。


さらに、『サガ』シリーズでお馴染みのゲームクリエイターの河津秋敏氏がゲームデザインを担当した『ワイルドカード』などの独占タイトルも登場しています。

そんな前置きはさておき、筆者は『ロマンシング サ・ガ』と『ワイルドカード』が急に欲しくなって先日購入したのですが、パッケージの中に面白いものを発見したのです。

そう、当時の「ワンダースワンカラー新作カタログ」です!

表面には「ソフト発売カレンダー」が掲載されており、それを読む限りこれは2001年10月以前に制作されたことがわかります。

さて、ちょっと気分だけでも2001年当時になってカタログを眺めてみようと思います。

この記事の画像

「20年前の「ワンダースワンカラー新作カタログ」が面白い―今更過ぎるけど「おすすめソフト診断」を楽しむ【特集】」の画像1 「20年前の「ワンダースワンカラー新作カタログ」が面白い―今更過ぎるけど「おすすめソフト診断」を楽しむ【特集】」の画像2 「20年前の「ワンダースワンカラー新作カタログ」が面白い―今更過ぎるけど「おすすめソフト診断」を楽しむ【特集】」の画像3 「20年前の「ワンダースワンカラー新作カタログ」が面白い―今更過ぎるけど「おすすめソフト診断」を楽しむ【特集】」の画像4
「20年前の「ワンダースワンカラー新作カタログ」が面白い―今更過ぎるけど「おすすめソフト診断」を楽しむ【特集】」の画像5
編集部おすすめ

当時の記事を読む

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「ファイナルファンタジー」に関する記事

「ファイナルファンタジー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ファイナルファンタジー」の記事

次に読みたい「ファイナルファンタジー」の記事をもっと見る

ゲームニュースランキング

ゲームランキングをもっと見る
お買いものリンク