攻城戦の原型は「8」にあったー戦闘システムが大変革を遂げた『真・三國無双8 Empires』鈴木GPインタビュー

2021年12月23日の発売が発表された『真・三國無双8 Empires』。本作は、「無双」シリーズの爽快感と国取りシミュレーションの戦略性の両方を楽しめる、「Empires」シリーズの最新作です。これまでのバトルシステムを一新した「攻城戦」の実装や、エディットモードの進化など、多彩な新要素が含まれています。

インサイドでは、コーエーテクモゲームスの鈴木 亮浩ゼネラルプロデューサーへインタビューを実施。今作に込めた思いや魅力だけでなく、前作で話題となったオープンワールドの手応えや、鈴木GP自身の次世代機の手触りなどを伺いました。体験版のプレイレポートも本稿と合わせてご覧ください。

――『真・三國無双8 Empires』は、同シリーズ初となるPS5・Xbox series S/Xへの対応となりました。いわゆる“次世代機”への対応による恩恵などはありましたか?

鈴木GPやはりスペックが上がったことで、グラフィック面が綺麗になったこと、読み込みの速さが上がったことですね。ただ、前作の『真・三國無双8』よりも幅広いハードへ向けた展開ということもあり、ハイスペック向けに特化したものは出来づらい状況でした。

※同席頂いた栗田Dより補足として、この他に、4K/60fpsの対応が挙げられるとのこと。解像度優先の「シネマティックモード」と、フレームレート優先の「アクションモード」が実装されており、高解像度で60fpsを実現できたのは、PS5・Xbox series S/Xのみとのこと。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「コーエーテクモゲームス」に関する記事

「コーエーテクモゲームス」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「コーエーテクモゲームス」の記事

次に読みたい「コーエーテクモゲームス」の記事をもっと見る

ゲームニュースランキング

ゲームランキングをもっと見る
お買いものリンク