年末恒例のGIレース「有馬記念」。スマホ向け育成シミュレーション『ウマ娘 プリティーダービー』にも同名のレースがありますが、その表記は少し異なります。「馬」の漢字から、点が2つ消えるのです。

これは、『ウマ娘』の世界に「動物の馬」が存在しないため。馬といえばウマ娘を指し、その漢字も「ウマ娘が2本の脚で駆ける様」から成り立っています。つまり、4本脚の馬から2本脚のウマ娘になったのをイメージして、点2つになった「馬」という漢字が生まれたのです。

しかし、なぜか「馬偏(うまへん)」を使った漢字(駆、駿など)は、そのまま点4つで表記。漢字単体では点2つなのに、なぜ偏では点4つなのでしょうか?

◆些細な疑問、その答えは江戸時代にまで遡る!
疑問の答えは、本作の用語解説から裏話まで紹介する「トゥインクル!Web」にありました。

その誕生は江戸後期、とある歌人が狂歌の中で、馬偏を点4つで記したことが始まりです。曰く「駆けるウマ娘の脚の動きは余りにも速く、我が目には4本にも見えるほどだ」とし、点4つで記したのだとか。

これが歌人の間で流行りに流行り、果てには庶民にまで浸透。明治には「点4つの馬偏」がすっかり一般的になったのでした。馬偏が点4つになったのは、ある意味「流行」が理由とも言えます。

なお、この一件までは馬偏も点2つであり、昔からある石碑などには「点2つの馬偏」が残されているそう。ゲームやアニメ、漫画まで注意深く探せば見つかるかもしれませんね。

この記事の画像

「『ウマ娘』「馬」の漢字はないのに「馬偏(うまへん)」がある理由は?ウマ娘界のちょっとした豆知識」の画像1 「『ウマ娘』「馬」の漢字はないのに「馬偏(うまへん)」がある理由は?ウマ娘界のちょっとした豆知識」の画像2 「『ウマ娘』「馬」の漢字はないのに「馬偏(うまへん)」がある理由は?ウマ娘界のちょっとした豆知識」の画像3 「『ウマ娘』「馬」の漢字はないのに「馬偏(うまへん)」がある理由は?ウマ娘界のちょっとした豆知識」の画像4
「『ウマ娘』「馬」の漢字はないのに「馬偏(うまへん)」がある理由は?ウマ娘界のちょっとした豆知識」の画像5