TBSが2月14日に行った番組内で、フィギュアスケートの羽生結弦選手にインタビューを実施。そこで羽生選手は、北京オリンピックでの競技を終えた今の率直な心境などを明かしました。

そして、本大会に向けてストイックに打ち込んだ反動から、「ちょっとチョコレートやカップラーメンを食べたり」と、気持ちを少しずつほぐしている様子を垣間見せ、その中で「ゲームをしたりゴロゴロしたりも、ちょっとだけできました」と補足。ですが、そこから名前が上がったゲームタイトルは、多くの方の予想を超えるものでした。

まず最初に羽生選手が答えたのは、ニンテンドースイッチで遊べる『あつまれ どうぶつの森』。同じ島に住む住民たちと過ごすスローライフな日々が楽しめるこのゲームは、全世界累計で3,700万本以上を売り上げた大人気作で、国内外で高い人気を博しています。

『あつまれ どうぶつの森』は人を選ばない間口の広さも持ち合わせており、「あの羽生選手も遊んでいるのか」といった小さな驚きこそあれ、こういったエピソードの際に『あつまれ どうぶつの森』の名前が出てくること自体は、あまり珍しくはありません。

ですが、本当の驚きはここから。「割とぼく、殺伐とした(ゲームも)やるんですけど」との前置きもそれなりに衝撃的ですが、最も好きなゲームとして名前を挙げたのが、『平成 新・鬼ヶ島』と『エストポリス伝記II』。この2作品は、羽生選手が「ぼくの原点」として触れた想い入れの深いタイトルで、この質問の締めくくりとして「ぜひ伝えたい」と笑顔を浮かべたほどです。

この記事の画像

「羽生結弦選手が“原点”と語った『平成 新・鬼ヶ島』と『エストポリス伝記II』は、なぜゲームファンにも衝撃的だったのか」の画像1 「羽生結弦選手が“原点”と語った『平成 新・鬼ヶ島』と『エストポリス伝記II』は、なぜゲームファンにも衝撃的だったのか」の画像2 「羽生結弦選手が“原点”と語った『平成 新・鬼ヶ島』と『エストポリス伝記II』は、なぜゲームファンにも衝撃的だったのか」の画像3 「羽生結弦選手が“原点”と語った『平成 新・鬼ヶ島』と『エストポリス伝記II』は、なぜゲームファンにも衝撃的だったのか」の画像4
「羽生結弦選手が“原点”と語った『平成 新・鬼ヶ島』と『エストポリス伝記II』は、なぜゲームファンにも衝撃的だったのか」の画像5