人気バトルロイヤルゲーム『Apex Legends』の国内最大級大会『Crazy Raccoon Cup Apex Legends』(CRカップ)。1月16日には第8回目のイベントが開催され、大きな熱狂とともに幕を閉じました。

最大同時視聴者数が20万人を超えるほどの大イベントですが、中には「そもそもCRカップって何?」という方もいるかもしれません。そこで今回の記事では入門編として、大会の基礎知識や歴史、魅力などを振り返っていきたいと思います。

『CRカップ』って一体どんな大会?
『CRカップ』は、プロゲーミングチーム「Crazy Raccoon」(CR)が主催する大会の総称。『Apex』の大会は2020年8月に第1回が開催され、日本におけるeスポーツの発展に寄与してきました。

大会には60名(20チーム)が参加し、マッチスコア形式の5試合を実施。それぞれの試合でチャンピオンに近いほど「順位ポイント」が付与され、相手を倒した数によって「キルポイント」が手に入ります。そしてその総合ポイントにより、優勝チームが決められることに。

また大会独自のシステムとして、出場者たちに実力やゲーム内の「ランク」に応じたポイントが設定されているのが特徴。1チームにつき上限24ポイントと制限されているため、戦力のバランスが適切となり、どのチームにも優勝のチャンスが生まれます。

『CRカップ』のココが面白い!
では一体なぜゲームファンたちが同大会に惹きつけられるのでしょうか。まず大きな魅力は、出場するメンバーが豪華であること。たとえば今回の第8回大会では、昨年末の「第72回NHK紅白歌合戦」でお茶の間をにぎわせた歌い手のまふまふさん、『先輩がうざい後輩の話』で知られる漫画家のしろまんたさん、人気コスプレイヤーの伊織もえさんなどが名前を連ねています。

この記事の画像

「『Apex』ファン&ゲーマー界隈で話題の『CRカップ』って何?今さら聞けない常識を徹底解説!」の画像1 「『Apex』ファン&ゲーマー界隈で話題の『CRカップ』って何?今さら聞けない常識を徹底解説!」の画像2 「『Apex』ファン&ゲーマー界隈で話題の『CRカップ』って何?今さら聞けない常識を徹底解説!」の画像3 「『Apex』ファン&ゲーマー界隈で話題の『CRカップ』って何?今さら聞けない常識を徹底解説!」の画像4