2月24日、『ウマ娘 プリティダービー』に育成ウマ娘として実装されたキタサンブラック。彼女の育成ストーリーに登場する“モブウマ娘”が、ウマ娘ファンのみならず、競馬ファンの興味をも集めているようです。

ブリュスクマン=ドゥラメンテ?
ファンの注目を集めているのは、「ブリュスクマン」というオリジナルウマ娘。キタサンブラックの育成ストーリーで登場し、「皐月賞」「日本ダービー」と、クラシック戦線のレースで立ちはだかります。

ストーリー中ではエアグルーヴとの関係性が強調されており、たんなる“モブウマ娘”とは思えない存在感を放っているブリュスクマン。その名前は「ウマ娘」オリジナルですが、ファンの間では「モデルとなった実在の競走馬」がいるものとして、考察が飛び交っています。

とくに有力な説とされているのが、「ドゥラメンテ」という競走馬。キタサンブラックと同じく2015年にクラシック戦線を走った競走馬で、同年の「皐月賞」「日本ダービー」の二冠を獲得しています。

なぜこの説が有力なのでしょうか。ドゥラメンテ(duramente)はイタリア語で、「荒々しく・はっきりと」を意味する音楽用語。そしてブリュスクマン(brusquement)は、フランス語でほとんど同じ意味を持つ言葉です。たしかに偶然とは言い難い一致でしょう。

また、ドゥラメンテの母・アドマイヤグルーヴはエアグルーヴの娘。つまりドゥラメンテは、エアグルーヴからみて孫に当たる存在なので、ストーリー上で2人の関係性が強調されることにも意味があるのかもしれません。

この記事の画像

「『ウマ娘』キタサンブラックのストーリーに伝説の名馬!?話題を集める“モブウマ娘”の正体は…」の画像1 「『ウマ娘』キタサンブラックのストーリーに伝説の名馬!?話題を集める“モブウマ娘”の正体は…」の画像2 「『ウマ娘』キタサンブラックのストーリーに伝説の名馬!?話題を集める“モブウマ娘”の正体は…」の画像3