いきなり格闘ゲームの細かい話で大変恐縮なのですが、2022年5月16日、『ストリートファイターV』に緊急的なキャラクターバランス調整が入りました。その中で、ルークというキャラクターの小パンチ、1番威力が低くて素早く撃てるパンチですね、これのガードストップが8フレームから12フレームになる修正がありました。簡単に言うと、パンチを相手がガードした時、両者が止まっている時間を4フレーム伸ばす調整です。

4フレームという数字がピンとこないかもしれませんが、1フレームは60分の1秒なので、4フレームは約0.07秒になります。ルークの小パンチはガードすれば反撃可能な技なのですが、これまではガードストップが短い為に分かっていても反応できない人がほとんどでした。これが4フレーム伸びたことで反応しやすくなります。

このわずか0.07秒、瞬きほどの間もない時間が、格闘ゲームの攻防を左右することをまずご理解いただければと思います。さて、先日、Q&AサイトのQuoraで、日本とブラジルのように離れた場所でのオンラインゲーム対戦でどうして同期がとれるのか、という質問とその解答に大きな注目が集まりました。そう、上記のように0.1秒にも満たない時間がプレイに大きな影響を与える格闘ゲームでは、オンラインのラグは致命的になる場合があります。

オンラインゲームでは、お互いの位置がだいぶ離れていても (日本とブラジルくらい) 何故素早く同期できるのですか?どのように通信しているのでしょうか?(Quora)

この記事の画像

「格ゲーのオンライン対戦を快適にするロールバック方式と未来予測のからくり」の画像1 「格ゲーのオンライン対戦を快適にするロールバック方式と未来予測のからくり」の画像2 「格ゲーのオンライン対戦を快適にするロールバック方式と未来予測のからくり」の画像3