スプラトゥーン』といえば、任天堂が誇る大人気シューティングゲーム。2015年5月28日に初代となるWiiU版が発売されて以降、大人から子供にまで愛される作品として確固たる地位を築き、発売から7年が経った今でもその人気に衰えは見えません。ビビッドな配色と個性的なキャラクターたちによる独特な“イカした”世界観も魅力で、イベント開催やアパレル展開も行われるなど、ゲームの枠に収まらない人気を獲得しています。そして2022年秋には新作『スプラトゥーン3』の発売も決定しており、再びスプラトゥーン旋風が巻き起ころうとしています。

TPSに“塗り”の概念を融合させた革命児
PS4やXBOXの登場によって売り上げが低迷していたWiiUでしたが、『スプラトゥーン』の爆発的ヒットによって人気を巻き返すことになります。

『スプラトゥーン』は、三人称視点でプレイヤーを操作するTPS(Third Person Shooter)ゲームです。それまでのTPSといえば、銃で相手を倒すというゲームスタイルが主流でしたが、『スプラトゥーン』では銃を使用して相手のフィールドを塗りながら、ゲームを進めていきます。TPSに“塗る”という概念を融合することで、大人から子供まで楽しめるカジュアルなゲームスタイルを編み出したのです。

発売から半年が経った2015年12月には、国内で100万本もの売り上げを記録。さらにTwitterやニコニコ動画、YouTubeで創作イラストやプレイ動画を公開するユーザーも続々と登場し、インターネット上でも大きな盛り上がりを見せました。『スプラトゥーン』の爆発的ヒットによって、PS4やXBOXの登場によって売り上げが低迷していたWiiUは、人気を巻き返すことに成功しました。

この記事の画像

「『スプラトゥーン』シリーズ7周年!大人から子供までハマる“イカした”TPSの名作」の画像1 「『スプラトゥーン』シリーズ7周年!大人から子供までハマる“イカした”TPSの名作」の画像2 「『スプラトゥーン』シリーズ7周年!大人から子供までハマる“イカした”TPSの名作」の画像3