荒木飛呂彦先生の大人気マンガを原作とした格闘ゲームとして、今でも熱狂的な人気を誇る『ジョジョの奇妙な冒険 未来への遺産』。プロゲーマー・どぐらさんのYouTubeチャンネルにて、当時の開発スタッフが同作の“裏話”を明かし、大きな話題を呼んでいます。

格ゲー史に名を残した「ペット・ショップ」の誕生秘話
そのやりとりが見られるのは、5月18日に投稿された「【クソキャラ列伝番外編】ペットショップ編を見た "元開発" の尾畑さんが語るジョジョ3部ゲー制作秘話!」という動画。「株式会社バイキング」代表取締役であり、当時の開発スタッフでもある尾畑心一朗さんが、どぐらさんと対談を行いました。

そこで何より盛り上がったのが、『未来への遺産』に登場するキャラクター「ペット・ショップ」についての話題。格闘ゲーム好きの間ではもはや常識ですが、ペット・ショップは“ぶっ壊れ”と言われるほどの強キャラとしてお馴染み。動画の中では、なぜそうした性能に至ったのか、詳しい経緯が説明されています。

尾畑さん曰く、元々ペット・ショップはアーケード版ではなく、家庭で遊ぶPS版のために作っていたキャラクターだったため、操作感を重視していたそう。対戦ゲームとしてのバランスには、そこまでこだわっていませんでした。

ただ、続編の『ジョジョの奇妙な冒険 未来への遺産』を出す際にとある問題が生じることに。なんと他のキャラクターが強すぎるため、PS版のペット・ショップでは太刀打ちできない状態だったようです。

この記事の画像

「『ジョジョ3部』格闘ゲームの裏話をスタッフが激白!ペット・ショップが“最強キャラ”だった理由」の画像1 「『ジョジョ3部』格闘ゲームの裏話をスタッフが激白!ペット・ショップが“最強キャラ”だった理由」の画像2 「『ジョジョ3部』格闘ゲームの裏話をスタッフが激白!ペット・ショップが“最強キャラ”だった理由」の画像3