NHKのゲーム教養番組「ゲームゲノム」。その次回放送回にて、『バイオハザード』が特集されます。


ゲームゲノムは、現代人の心に影響を与えてきたゲームを「文化」として捉え、名作の魅力を深堀りする教養番組。何がおもしろいのか、どうして語り継がれるのか…作品を徹底分析したVTRをもとに、豪華でゲーム好きな出演者たちが作品を語り尽くします。

今回特集される『バイオハザード』は、カプコンが手がけるサバイバルホラーゲームの金字塔。ハリウッド映画化もされ、誕生から25年経った今も人気は衰えない大作シリーズです。

『バイオハザード』の特集回では、シリーズ第1作を手がけた三上真司氏と、シリーズ史上最も怖いと言われる『バイオハザード7 レジデント イービル』を手がけた竹内潤氏が登場。

ゲストに三浦大知さん、司会進行役に本田翼さんを加え、バイオ愛のエピソードを交えつつ、怖いのにやりたくなるホラーゲームの“恐怖の正体”を解き明かすといいます。


ゲームゲノムの『バイオハザード』特集回は11月2日23時00分から放送予定です。

なお、10月26日の放送回では『ダークソウル』を特集しており、「NHKプラス」で1週間の見逃し配信が行われています。