【プレイレポ】スチームパンク+クトゥルフ神話なんて最強過ぎるだろ!芸術レベルの謎解きゲーム『スチームパンカー』

【プレイレポ】スチームパンク+クトゥルフ神話なんて最強過ぎるだろ!芸術レベルの謎解きゲーム『スチームパンカー』
【プレイレポ】スチームパンク+クトゥルフ神話なんて最強過ぎるだろ!芸術レベルの謎解きゲーム『スチームパンカー』
       
東京ゲームショウ2014で偶然通りすがりに発見し、それ以降トチ狂ったようにプレイしていたiPad向け謎解きアクションゲーム『スチームパンカー』を遂にクリアしました。

『スチームパンカー』はポーランドのインディゲームディベロッパーのTelehorseが開発・運営するスチームパンクをモチーフとしたゲームです。

※スチームパンクとは…電気よりも蒸気機関を主な動力とする世界を表現したSFのサブジャンルの一つ。ヴィクトリア朝のイギリスや西部開拓時代のアメリカ世紀など19世紀~20世紀初頭の世界が舞台になることが多く、当時の人々が想像していた”レトロフューチャー”な時代錯誤的テクノロジーが描かれる。80年代に勃興し現在も世界的に流行中。

こちらが『スチームパンカー』のスタート画面なんですが、もうこの時点で最高です。敢えて破れや折れ、シミなど劣化具合まで再現された古い紙の質感!四隅の歯車は全てバラバラに動いています。スチームパンクが好きな人ならノックアウトされることまず間違い無し。

ストーリーは、宇宙から謎の侵略者が襲来し巨大ロボットを使って世界中を破壊し尽くすところから始まります。古い写真に後から着色したようなレトロな感じがむしろクール!

ゲームの内容は、謎の侵略者にたった一人で立ち向かう主人公「ヴィンセント」を画面タップで操作し、30種類以上のミニゲームを解きながら冒険を進めて戦いに挑むというもの。画面中に表示されるテキストは最小限で、どこを触って何をすればいいのかを探ること自体がゲームになっています。一見クールな2D絵のみで構成されているように見えますが、実際はUnityで開発されているため一部に3Dモデルが使用されており、例えば背景絵の一部だと思っていた巨大ロボットが背後で動いて町を破壊していたり、計器や時計の針が全部動いていたり、歯車が回っていたりなど随所に細かな演出が加えられています。また主人公のヴィンセントも3Dで表現されており、タップした方向に歩いたりはしごを上り下りしたり、扉を開けたりとモーションが付いています。背景絵の気になるところをタップすると突然本作のコンセプトアートやスケッチが画面いっぱいに広がったりと(ストーリーのヒントになることもあり)、プレイしていると徐々に「『スチームパンカー』はゲームというより自分で動かせるスチームパンク画集なのでは?」と思えてきます。実際それくらい美しいグラフィックが次々と出てきて非常に見応えがあります。

あわせて読みたい

ビクトリアのプロフィールを見る
インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「リーガ」のニュース

次に読みたい関連記事「リーガ」のニュースをもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2014年11月10日のゲーム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。