最先端の家庭用ゲームへの投資とワンコンテンツ・マルチユースが会社を強くする・・・カプコン辻本春弘社長インタビュー

最先端の家庭用ゲームへの投資とワンコンテンツ・マルチユースが会社を強くする・・・カプコン辻本春弘社長インタビュー
カプコン 辻本春弘社長
       
ストリートファイター』『バイオハザード』『モンスターハンター』『戦国BASARA』『逆転裁判』など、多数の人気シリーズを抱えるカプコン。業界全体がスマホシフトを進める中で、家庭用ゲーム開発にも注力する数少ない日本企業でもあります。その狙いや戦略はどこにあるのか。辻本春弘社長に伺いました。

(聞き手:黒川文雄、文:小野憲史)

―――東京ゲームショウ(TGS)のカプコンブースは今年も大盛況でしたね。

ありがとうございます。もっとも、当社ブースというよりも、今年はTGS全体で節目の年になりました。

―――どういうことでしょうか?

私はコンピュータエンターテインメント協会(CESA)の理事とTGSの実行委員長を担当していますが、数年前からTGSの位置づけを変える必要があると感じていました。もともと東京ゲームショウは設立当初から「世界一のゲームショウにする」という考えがありましたが、ゲームビジネスを巡る欧米と日本との環境変化などから、次第に位置づけが明確ではなくなってきていました。そこで5年前、これからは「アジア市場が伸びる」という予測のもとに、アジアNo.1のゲームショウを目指す中期目標を立てました。アメリカはE3、ヨーロッパはGamescom、アジアは東京ゲームショウというブランディングの確立を図ります。

―――ちょうどスマートフォン向けコンテンツが伸び始めた頃でしたね。

そうですね。アジアで経済が拡大して人々の可処分所得が増えれば、エンターテインメントへの消費も拡大するので、ゲームの需要も期待できます。ゲーム専用機はコピーの問題がありますが、スマホゲームなら問題ありません。日経BP社主体で、アジアの新興国の人々をTGSに誘致しました。そうしたところ、すでにG-STARやチャイナジョイに参加していたにもかかわらず、海外企業の反応が非常に良かった。彼らは東京ゲームショウの参加を敷居が高く感じていたようですが、日本側からの打診により、驚きと共に、アジアを重視する姿勢に共感していただきました。その結果、今年は日本を上回る海外企業の参加があり、7割がアジア企業でした。この5年間の取り組みが開花したといえます。

あわせて読みたい

インサイドの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年10月22日のゲーム記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

スマホアプリゲームやWiiやPS4などゲームに関する情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。